CHRISTINA COLUMN

コラム

ボトックス注射を受けるならアラガン社製がおすすめ!特徴を解説

アラガン社製のボトックスは、数あるボツリヌストキシン製剤の中でも一番おすすめの製剤です。

本記事では、ボトックス注射によって期待できる効果や副作用などを説明したうえで、アラガン社製のボトックスビスタがおすすめな理由を解説します。

アラガン社認定医による施術を受けられるおすすめの美容クリニックも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ボトックス注射とは?

ボトックス注射とは、簡単に言うと、筋肉の働きを抑える注射です。

ボトックスは世界各国で製造販売されていますが、「ボトックスビスタ」は米国アラガン社、「ボトックス」はグラクソ・スミスクライン社の製品名です。

グラクソ・スミスクライン社はアラガン社から製造販売承認を継承していますので、ボトックスビスタとボトックスは同一製造法であり、同一の医薬品となります。

ボトックスやボトックスビスタはボツリヌストキシン製剤の先発品であり、代名詞になっています。

そのため、他の世界各国のボツリヌストキシンもボトックスと呼ばれることが多々あります。

ボトックス注射によって期待できる効果

ボトックス注射は、眉間や額、目尻などに打って表情筋の働きを弱めることで、シワの改善効果が得られます。

そのため、加齢とともにシワが気になってきており、若々しい見た目を取り戻したい人から高い人気を集めています。

そのほかにも、上唇のうえに打つことで人中を短縮することが可能です。

人中を短くすることで間延びした印象を抑え、可愛らしさや小顔といった見た目が手に入ります。

またエラに打つことでエラ張りを解消する効果も期待できます。

そのほかにも、ししゃも足や肩こり改善などさまざまな効果を得られるのが特徴です。

これだけさまざまな効果が期待できるのにも関わらず、メスを使わないため、ダウンタイムが短く症状も軽い点が魅力です。

また大がかりな手術ではないため比較的低価格で受けられるのも嬉しいポイントです。

ボトックス注射のデメリットや副作用

ボトックス注射後は、赤みや腫れ、内出血といった副作用が生じることがあります。

赤みや腫れは当日中に落ち着くことがほとんどです。

内出血が生じた場合は、長くても2週間程で消失します。

大半の場合症状は軽微なため、すぐに日常生活に戻れるでしょう。

ただし、医師が注入量や注入部位を誤ってしまうと、表情がこわばってしまうこともあるため、慎重に医師を選ぶ必要があります。

またボトックス注射は、永久的な効果を得られるものではありません。

効果を維持するためには3〜4ヵ月に一度美容クリニックへ足を運び施術を受ける必要があります。

この点も、忙しい人にとってはデメリットだといえるでしょう。

ボトックス注射を受けたあとの注意点

ボトックス注射の施術を受けたあとは注意事項があります。

ボトックスは注射後に効能発揮するまで1週間程度かかります。

その期間はボトックスが注入部位にとどまる必要があるため、注入部位のマッサージや他の美容医療は控えましょう。

隣接する筋肉にボトックスの作用が及んでしまうと、表情に左右差が生じるリスクがありますので注意が必要です。

また、洗顔・シャワー・入浴・メイクは当日から可能ですが、サウナなど身体が温まる行動は赤みや内出血が広がる可能性もあるため控えましょう。

アラガン社製のボトックスビスタがおすすめな理由

韓国製のものは低価格なのが魅力ですが、米国アラガン社製のボトックスビスタが断然おすすめです。

ここでは、ボトックスビスタがおすすめな理由を2つ説明します。

・厚生労働省の承認を得ている唯一のボツリヌストキシン製剤

・世界各国の美容クリニックで利用されている

厚生労働省の承認を得ている唯一のボツリヌストキシン製剤

アラガン社製のボトックスビスタは、日本の厚生労働省から承認を受けている唯一のボツリヌストキシン製剤です。

そのため、ほかの製剤に比べて品質と安全性が高いといえます。

ボツリヌストキシン製剤は要冷蔵・冷凍(5℃以下)管理です。

保管温度が高いと失活して効果が減弱してしまいます。

アラガン社の場合は米国で製造されてから国内の会社に厳格な管理のもと輸送され、クリニックに納品しています。

一方、その他のボツリヌストキシン製剤は、海外や日本の医薬品卸業者が輸入代行業者を通してクリニックに納品しています。

そのため、温度や品質管理が保証されていません。

これが効果にムラがでる原因の一つとなります。

世界各国の美容クリニックで使用されている

世界各国の美容クリニックで使用されている点も、アラガン社製のボトックスビスタの魅力です。

具体的には、世界で95%以上の市場シェアと 2,000万を超える症例があります。

使用例の少ない製剤に比べ、安心感を持って施術を受けられるでしょう。

クリスティーナクリニックではアラガン社認定医による施術を受けられる

クリスティーナクリニックでは、アラガン社認定医によるボトックスビスタの注射を提供中です。

当院でボトックス注射を受けるのにかかる費用は以下のとおりです。

ボトックスビスタ 韓国製
¥24,200 ¥18,150
眉間 ¥36,300 ¥24,200
目尻 ¥36,300 ¥24,200
アーモンドアイ ¥18,150 ¥14,520
¥24,200 ¥18,150
口角アップ ¥18,150 ¥14,520
ガミースマイル ¥18,150 ¥14,520
小鼻 ¥24,200 ¥18,150
エラ ¥72,600 ¥48,400
ボトックスリフト ¥96,800 ¥72,600
¥78,650 ¥54,450
ふくらはぎ ¥96,800 ¥72,600
人中短縮ボトックス ¥18,150 ¥14,520

当院では、ボトックスビスタだけでなく韓国製のボツリヌストキシンも取り扱っています。

韓国製の製剤は、ボトックスビスタよりも低価格で施術を受けられます。

カウンセリング時に無理な営業行為を行うことはないため、資金面で不安がある人もお気軽にご相談ください。

【まとめ】ボトックス注射を受けるならアラガン社製のものを選ぼう

シワや肩こりの改善などに用いられるボトックス注射は、外科手術と比べると比較的費用が安いうえに施術当日からメイクや入浴ができる点が魅力です。

また副作用が軽微なため、日常生活に支障を来すことはほとんどありません。

記事監修医プロフィール

CHRISTINA CLINIC銀座(クリスティーナクリニック銀座)

URL:https://christina-clinic.com

院長 / 松島桃子

初期研修終了後、NTT関東病院麻酔科、TIクリニック(美容皮膚科)等を経て、2018年にCHRISTINA CLINIC銀座の院長に就任。2016度よりアラガン施注資格認定医。
CHRISTINA CLINIC銀座は特に「小顔」「痩身」「美肌」に力を注いでおり、「切らずに」「すぐに効果が期待できる」施術をメインに提供しております。2020年3月には、「JeisysAward2019」にて、医療ハイフ年間施術数日本一のクリニックとして表彰されました。

今月のキャンペーン

  • 医療用ウルトラセルハイフ
  • トーニング
  • ヒアルロン酸
  • 脇ボトックス
  • 水光注射
  • ウルトラセルQ+ハイフ(リニア)
  • 美肌注射
  • 次世代脂肪溶解注射 プロストロレーンインナーB
  • ハイフ&ポテンツァ
  • 究極の痩身マシーン 脂肪を撃退!リポセルあて放題!全身スリム化計画
  • ご家族ご友人ご紹介キャンペーン