稗粒腫(ひりゅうしゅ)レーザー除去

稗粒腫(ひりゅうしゅ)とは:皮膚にできる1~2mmほどの大きさで、白色~乳白色の丘疹(皮膚の盛り上がり)状の隆起です。目元や首などによくできますが、体中どこでも生じる可能性があります。かゆみや痛みなどの自覚症状は伴いません。
数週間で自然に消失することもありますが、経過が長引く場合には美容的な観点からCO2レーザーでの処置をお勧めしています。

CO2レーザーとは

炭酸ガスを使用して、組織を蒸散させるレーザー治療機器です。
切らずにほくろやいぼの除去ができる上に、ほぼ出血がなく、傷跡も残りにくい治療法です。

特徴

CO2レーザーは、波長が10,600nmの遠赤外線レーザーで、照射すると皮膚にある水分に吸収される性質があります。
そのときに発生する熱エネルギーが一瞬のうちに組織を蒸散・炭化させるので、照射した部分の組織のみを除去することができます。
照射した組織周辺の血液は一瞬のうちに凝固するため、ほとんど出血がありません。
CO2レーザーの肌再生効果により、施術後の肌がきれいによみがえるのもメリットです。

ほくろ・いぼの除去に最適です

CO2レーザーを肌に照射すると、皮膚細胞にある水に吸収され反応し、熱エネルギーを発生し、ほくろの原因であるメラノサイトとともに細胞を蒸散させます。
照射した部位はごく小さい穴があいた状態になりますが、自己再生能力によって徐々に修復されますのでご安心ください。
その際、大量のコラーゲンが生成されるため、お肌にハリが生まれます。

ダウンタイム

施術時間

10分ほどで終了します。

麻酔

局所麻酔。痛みがご心配な方は、オプションで表面麻酔をご用意しております。
・クリーム麻酔 ¥1080

腫れ

腫れはありません。

通院ペース

2週間ほどテープ保護が必要です。

お薬

外用薬処方

メイク

患部以外は当日より可能。患部はテープ除去後から可能です。