CHRISTINA COLUMN

コラム

唇のヒアルロン酸注入後に腫れる理由は?腫れた際の対処法も紹介

「唇のボリュームが欲しい」「リップライナーが手放せない」「唇のシワが気になる」など、唇の悩みを改善したい方にはヒアルロン酸注入がおすすめです。

唇にヒアルロン酸を注入することで、理想の唇の形に近付くことができます。

しかし、唇はとてもデリケートな部位のため注入後の腫れが心配な方も多いでしょう。

本記事では、唇のヒアルロン酸注入後に腫れる理由や対処法を解説します。

腫れを長引かせないための過ごし方も紹介するので、ヒアルロン酸注入を検討中の方は参考にしてください。

ヒアルロン酸注射後に注入部位が腫れる理由

ヒアルロン酸注射後に唇が腫れる理由として考えられるのは、以下の3つです。

・ダウンタイム症状の一つ

・注入量が多い

・アレルギー反応

万が一施術後に唇が腫れても落ち着いて過ごせるよう、腫れる理由を理解しておくと良いでしょう。

ダウンタイム症状の一つ

施術は注射針を用いて行なうため、皮膚が針で刺激されると体は自己防衛反応として炎症反応を起こし、腫れが生じます。

また、ヒアルロン酸は水分保持力が高いため、注入部位に水分が集まりやすく、腫れを引き起こす原因となります。

しかし、これらの症状は一時的なものであり、1週間ほどで改善しますので、あわてずに様子を見ましょう。

また、腫れ方には個人差があり、腫れがほとんど目立たない方もいます。

注入量が多い

あまりに過度な量のヒアルロン酸を注入すると、一般的に見たら腫れている状態になってしまいます。

患者様の希望の唇がそうなのであればもちろん良いですが、あまりに不自然な唇にならないよう施術前に医師と相談しましょう。

アレルギー反応

アレルギー反応の症状としては、腫れ・赤み・痒みが挙げられます。

また、ヒアルロン酸注入によるアレルギー反応は、即時型と遅延型の2パターンがあります。

遅延型アレルギーは施術後数日から数か月後に起こるアレルギーですので、日に日に腫れが増す場合は速やかに施術を受けたクリニックに相談してください。

ヒアルロン酸注入後に腫れた際の対処法

ヒアルロン酸注入後に唇が腫れた場合は、以下の対処法を参考にしてください。

・アイシングをする

・血行が良くなる行動は控える

・医師に相談する

それぞれの対処法について具体的に説明しますので、万が一唇が腫れた時のために覚えておきましょう。

アイシングをする

保冷剤を使用して、腫れている部分を冷やすことが効果的です。

ただし、長時間あてると凍傷を起こす可能性もあるため、清潔なガーゼやハンカチで包んで優しく適度に唇にあてましょう。

血行が良くなる行動は控える

血行が良くなると腫れが悪化したり長引く可能性があります。

温泉・サウナ・激しい運動・岩盤浴など、体温が上昇するような行動は控えましょう。

また熱い食べ物や香辛料を含む食べ物は、唇への負担が大きいことに加えて血行も促すため、できるだけ避けた方が良いでしょう。

医師に相談する

腫れが悪化したり長引いたりしている場合、そのままにせずに医師に相談をしてください。

できる限り詳しく状況を説明し、対処法を確認しましょう。

唇の腫れを長引かせないための過ごし方

唇のヒアルロン注射のダウンタイム症状の一つとして「腫れ」があります。

以下を参考にしながら、施術後はできるだけ安静に過ごすことが大切です。

・数日間マッサージを控える

・熱いものの摂取を控える

・飲酒・サウナ・激しい運動は控える

ヒアルロン酸注入後は全ての人が腫れるわけではありませんが、腫れが出た際に対処できるよう覚えておくと良いでしょう。

数日間マッサージを控える

腫れている唇はとても敏感な状態のため、マッサージによる圧力が刺激となって腫れを進行させる恐れがあります。

リップやグロスを塗る際は、唇に負担をかけないように優しく塗りましょう。

可能であれば腫れが落ち着くまで、リップメイクをお休みするのも一つの手です。

熱いものの摂取を控える

熱さや香辛料が刺激となり腫れが悪化する恐れがあるため、摂取は控えましょう。

ホットコーヒーを飲みたい方はアイスコーヒーに変更したり、ラーメンは少し冷めるのを待ってから食べたり、熱いまま食べない工夫が大切です。

また、食事の際は唇に食べ物がぶつからないように、食べ方に注意するのも良いでしょう。

食後はティッシュペーパーやハンカチで汚れをふき取り、唇を清潔に保つことも大切です。

飲酒・サウナ・激しい運動は控える

唇が腫れているときは、飲酒・長風呂・温泉・サウナ・激しい運動など、血行がよくなる行動は控えましょう。

どうしても運動したい方は、汗をかくジョギングは避けてヨガやストレッチなどでゆったりと身体を動かしてみてはいかがでしょうか。

湯船につかりたい方は、ぬるめのお湯に短時間浸かることで、気分転換につながります。

唇のヒアルロン酸注射は症例数が多いクリスティーナクリニックがおすすめ

唇のヒアルロン酸注射は、症例数が多いクリニックを選ぶことが大切です。

クリスティーナクリニックではヒアルロン酸注射の年間症例数が1,100件以上と多く、現在も更新中です。

また当院の院長はアラガン社認定医のため、定期的に行われる研修やセミナーを通して知識を深めています。

唇のヒアルロン酸注入の腫れが心配な方は、お気軽にご相談ください。

【まとめ】施術を検討の際には、腫れに対する知識も深めておこう

唇のヒアルロン酸注射は、個人差はありますが腫れが生じる

場合があります。

施術前に腫れる理由や対処法を知っておくことで、ダウンタイム中の過ごし方に気を付けたり、万が一腫れた際に落ち着いて対処することができるでしょう。

記事監修医プロフィール

CHRISTINA CLINIC銀座(クリスティーナクリニック銀座)

URL:https://christina-clinic.com

院長 / 松島桃子

初期研修終了後、NTT関東病院麻酔科、TIクリニック(美容皮膚科)等を経て、2018年にCHRISTINA CLINIC銀座の院長に就任。2016度よりアラガン施注資格認定医。
CHRISTINA CLINIC銀座は特に「小顔」「痩身」「美肌」に力を注いでおり、「切らずに」「すぐに効果が期待できる」施術をメインに提供しております。2020年3月には、「JeisysAward2019」にて、医療ハイフ年間施術数日本一のクリニックとして表彰されました。

今月のキャンペーン

  • 医療用ウルトラセルハイフ
  • トーニング
  • ヒアルロン酸
  • 脇ボトックス
  • 水光注射
  • ウルトラセルQ+ハイフ(リニア)
  • 美肌注射
  • 次世代脂肪溶解注射 プロストロレーンインナーB
  • ハイフ&ポテンツァ
  • 究極の痩身マシーン 脂肪を撃退!リポセルあて放題!全身スリム化計画
  • ご家族ご友人ご紹介キャンペーン