CHRISTINA COLUMN

コラム

唇のヒアルロン酸注入のダウンタイムは短い?症状や注意点も紹介

「唇のボリュームが欲しい」「唇の大きさや形が非対称」など悩んでいる方には、唇のヒアルロン酸注入が有効です。

しかし興味があるものの、ダウンタイムについて不安を感じている方もいるでしょう。

本記事では、唇のヒアルロン酸注入のダウンタイムについて詳しく解説します。

あわせてダウンタイムを長引かせないポイントについても紹介するので、ぜひ参考にしてください。

唇のヒアルロン酸注入とは

唇のヒアルロン酸注入とは、ヒアルロン酸という透明なゼリー状の製剤を唇に直接注入することで、ボリュームや形を調整する美容医療です。

また、唇の乾燥を防ぐ効果も期待できます。

ヒアルロン酸はもともと我々の体内に存在し、皮膚を構成するために欠かせない成分です。

特徴として保湿能力が高く水分を多く保持できるので、若々しい肌を保つために欠かせません。

しかし、ヒアルロン酸は年齢と共に減少していきます。

そのため定期的に注入することで魅力的な口元を維持できるでしょう。

唇のヒアルロン酸注入に期待できる効果

唇のヒアルロン酸注入は、以下の効果が期待できます。

・ボリュームアップ

・シワ改善

・口角アップ

・人中短縮

・乾燥予防

上記の他にも、左右非対称の唇の形を整えたり、希望の形に近付けることが可能です。

唇のヒアルロン酸注入のダウンタイム

唇のヒアルロン酸注入のダウンタイム症状は、主に腫れや内出血です。

個人差がありますが、赤みや腫れは数日以内に落ち着きます。

内出血が生じた場合は消失に2週間ほどかかります。

ダウンタイムが心配な方は、大事な予定の2週間以上前に施術を受けるのが良いでしょう。

メイクは当日から可能ですが、注入部位はデリケートな状態のため、力を入れて洗ったりタオルでゴシゴシ拭いたりすることは避けてください。

ダウンタイムを長引かせないポイント

ヒアルロン酸注入のダウンタイム症状や期間には多少個人差がありますが、症状が悪化したり長引いたりしないよう、次の2つのポイントに注意して過ごしましょう。

注入部位を触らない

注入直後は汚い手で触れないように注意しましょう。

ごく稀に注入部位に細菌感染が生じることがあります。

万が一感染症が起こってしまった場合は抗生剤による治療が必要になります。

施術後数日経過しても赤みや腫れが引かない場合、速やかに施術を受けたクリニックに連絡してください。

また、注入後1週間程度は強いマッサージも控えてください。

注入部位に強い刺激を加えると、形が崩れる恐れがあります。

血行が良くなる行動は避ける

ヒアルロン酸注入後は、以下のような血行が良くなる行動は避けましょう。

・温泉

・サウナ

・岩盤浴

・激しい運動

・過度な飲酒

施術当日は、過度に血流が促進されると赤みや腫れなどの症状が悪化する恐れがあります。

できる限り安静に過ごしましょう。

唇のヒアルロン酸注入はクリスティーナクリニックへ

唇のヒアルロン酸注入はクリスティーナクリニックにお任せください。

当院ではヒアルロン酸注射の年間症例実績が1,110件以上あり、現在も更新中です。

当院の魅力を次の3つに分けて紹介するので、参考にしてください。

・アラガン社認定医が在籍

・マイクロカニューレを使用

・麻酔クリームを使用

それぞれ詳しく見ていきましょう。

アラガン社認定医が在籍

ヒアルロン酸注入は、医師の技術力によって仕上がりが左右される施術です。

理想に近付くためにも、確かな技術力を持った医師のもとでヒアルロン酸注入を受けることをおすすめします。

当院にはアラガン社認定医が在籍しています。

アラガン社のセミナーや研修を受けたベテラン医師が、患者様一人ひとりの悩みに合わせた施術を提供します。

マイクロカニューレを使用

当院ではヒアルロン酸を注入する際に、できる限りマイクロカニューレを使用しています。

マイクロカニューレは針の先端が丸くなっているのが特徴です。

そのため、痛みだけでなく内出血のリスクも軽減されます。

マイクロカニューレは美容クリニックによって有料の場合が多いですが、当院では副作用をできる限り軽減できるよう使用料をいただいておりません。

麻酔クリームを使用

唇ヒアルロン酸をご希望の患者様には、施術前に無料で麻酔クリームを塗布しています。

それでも痛みがゼロになるわけではありませんが、痛みが最小限になるよう配慮をしております。

【まとめ】唇のヒアルロン酸注入を受けたい方はダウンタイムも踏まえて検討しよう

唇の形を整えて魅力的な口元に近付きたい方は、唇のヒアルロン酸注入がおすすめです。

個人差はありますが、施術後に腫れや内出血などのダウンタイム症状がでることがあります。

ダウンタイムを長引かせないために、当日は血行が良くなる行動は避けることが重要です。

ヒアルロン酸注入は注射のみの施術であり、施術時間も短いため、初めて美容医療を受ける方や気軽に口元の変化を楽しみたい方に向いています。

ヒアルロン酸注射に興味がある方は、お気軽にカウンセリングにお越しください。

今月のキャンペーン

  • 水光注射
  • POTENZA
  • リポセル
  • 人中短縮ボトックス注射
  • 人参注射
  • 輝肌注射
  • ハイフ&ポテンツァ
  • 究極の痩身マシーン 脂肪を撃退!リポセルあて放題!全身スリム化計画
  • ご家族ご友人ご紹介キャンペーン

記事監修医プロフィール

CHRISTINA CLINIC銀座(クリスティーナクリニック銀座)

URL:https://christina-clinic.com

院長 / 松島桃子

初期研修終了後、NTT関東病院麻酔科、TIクリニック(美容皮膚科)等を経て、2018年にCHRISTINA CLINIC銀座の院長に就任。2016度よりアラガン施注資格認定医。
CHRISTINA CLINIC銀座は特に「小顔」「痩身」「美肌」に力を注いでおり、「切らずに」「すぐに効果が期待できる」施術をメインに提供しております。2020年3月には、「JeisysAward2019」にて、医療ハイフ年間施術数日本一のクリニックとして表彰されました。