CHRISTINA COLUMN

コラム

糸(スレッド)リフトとHIFUどちらを受けるべき?

こんにちは。クリスティーナクリニック銀座です。

当院は、2018年6月に銀座で開院した医院・診療所です。

美容医療クリニックとして美容内科・美容皮膚科の診察・診療を受け付けています。

本日は、糸(スレッド)リフトとHIFUどちらを受けるべきかについてご紹介いたします。

糸リフトとHIFUどちらを受けるべき?

 
質問者

先生、糸リフトとHIFUはどちらもリフトアップ効果があると聞いていますが、どちらを受けるのが良いか悩んでいます。

 
松島院長

HIFUが適しているか、糸リフトが適しているかは、その方のお顔の状態で異なります

まずはカウンセリングで状態を拝見させていただいてからご提案させていただいています。

 
質問者

それぞれ違いを教えてもらうことはできますか?

糸リフトとHIFUの比較

 
松島院長

糸リフトは、顔に糸を挿入して皮膚組織を持ち上げてリフトアップさせるという施術になります。

 
質問者

HIFUはどんな施術ですか?

 
松島院長

HIFUは、超音波の熱で皮膚のSMAS層という部分を収縮させ、リフトアップと同時に脂肪も分解させるという施術です。

施術と効果の違い

 
質問者

すぐに効果を実感できるのでしょうか?

 
松島院長

糸リフトは、施術直後からリフトアップ効果を実感できます。

施術後に、腫れやむくみが生じることがありますので、完全に仕上がっている状態は糸が馴染んだ時になります。

 
質問者

HIFUの効果はどうですか?

 
松島院長

HIFUも、施術直後からリフトアップ効果を期待できますが、照射して2ヶ月後くらいが一番効果を実感できるでしょう。

糸リフトとHIFUのメリット・デメリット

 
質問者

糸リフトのメリットを知りたいです。

 
松島院長

糸リフトのメリットは、糸が吸収される際に肌質改善効果も期待できることです。

糸を挿入した箇所でコラーゲンの増生が進むので、若々しい肌に変化していくのを実感することができます。

 
質問者

デメリットはありますか?

 
松島院長

デメリットは、施術後にひきつれや違和感を覚えることがあるという点です。

また、内出血や腫れのリスクもあります。

 
質問者

では、HIFUのメリットはなんですか?

 
松島院長

HIFUのメリットは、糸を挿入しないので異物を身体に入れることに不安がある方も安心して受けることができるという点です。

また、ダウンタイムもほぼ無いため、腫れたり内出血したりすることもないです。

 
質問者

デメリットはあるのでしょうか?

 
松島院長

HIFUのデメリットは頬のお肉が少ない方の場合、頬がこけてしまう可能性があるということです。

また、稀に火傷のリスクもあります。

糸リフトとハイフの痛み

 
質問者

糸リフトやHIFUの施術は痛いですか?

 
松島院長

糸リフトは、麻酔をして施術をするので施術中の痛みはありません

しかし、麻酔が切れた後に痛みが少し出る可能性があるので、痛み止めを処方させていただいております。

痛みや腫れが落ち着くまでは安静にしていただくことをおすすめしています。

 
質問者

HIFUの痛みはどのくらいですか?

 
松島院長

HIFUは、ピリピリとした痛みやズーンと響くような痛みを感じられる方もいますが、個人差があるでしょう。

 
質問者

痛みがあるのは少し怖いです。

 
松島院長

当クリニックで使用しているマシンは、従来のHIFUよりも痛みを抑えることができるので、我慢できないほどの強い痛みはないかと思います。

糸リフトとHIFUの種類

 
質問者

糸リフトやHIFUは、種類があると聞いたのですが・・・

 
松島院長

糸リフトは使用する糸の種類が複数あります

また、HIFUのマシンも数種類あり、クリニックによって導入されている機器が異なります

 
質問者

種類が違うと、効果は異なるのでしょうか?

 
松島院長

種類による効果というよりも、医師の技術によって効果に差が出ると言えるでしょう。

 
質問者

クリニックを選ぶのは難しいですね・・・

 
松島院長

当院は、糸リフトやHIFUの症例が多いので、お悩みに合わせて施術を提案させていただいております。

また、当クリニックでは糸リフトもHIFUもオリジナルの術式を取り入れているのでリピーターも多いんですよ。

糸リフトとHIFUのその他の比較

 
質問者

糸リフトとHIFUの持続効果はどちらが長いのでしょうか?

 
松島院長

糸リフトもHIFUも6ヶ月から1年くらいは効果が持続します。

糸リフトの場合は、挿入から6ヶ月から1年の間に2回目の施術、HIFUの場合は、3ヶ月から6ヶ月くらい空けて2回目の施術を受けられる方が多いです。

ただし、効果の持続期間には個人差があります。

 
質問者

糸リフトとHIFUの施術時間はどれくらいですか?

 
松島院長

糸リフトは15~20分ほど、HIFUは40分ほどです。

糸リフトは、挿入する本数で施術時間が変わります。

二つの施術の併用

 
質問者

糸リフトとHIFU、どちらも受ける方もいるのでしょうか?

 
松島院長

組み合わせることで、より効果を高めることが可能です。

例えば、糸リフトを受けた後に、メンテナンスとしてHIFUを受ける方もいらっしゃいます。

こちらも、お肌の状態を拝見させていただいて、より良い方法を提案させていただいております。

 
質問者

どちらでも選べる肌状態の場合、何を基準にして選ぶと良いでしょうか?

 
松島院長

お顔の引き上げ、輪郭をすっきりさせたい、即効性を求めているのであれば糸リフトが良いでしょう。

手軽にたるみ治療を希望される方や、お顔の脂肪も気になる方、異物を挿入することに抵抗がある方はHIFUが良いでしょう。

 
質問者

分かりました、ありがとうございます。

まとめ

  • HIFUが適しているか、糸リフトが適しているかは顔の状態で異なる
  • 糸リフトとHIFUを組み合わせることで効果を高めることが可能
  • 顔の引き上げ、輪郭をすっきりさせたい、即効性は糸リフト
  • 手軽なたるみ治療、顔の脂肪が気になる、異物を挿入することに抵抗がある場合はHIFU

糸リフト

  • 糸を顔に挿入して皮膚組織を持ち上げることでリフトアップさせる施術
  • 糸が吸収される際に肌質改善効果も期待できる
  • 施術後にひきつれや違和感を覚えることや、内出血や腫れのリスクがある
  • 痛みは麻酔が切れた後に少し出る可能性がある
  • 使用する糸の種類が複数ある
  • 挿入から6ヶ月から1年の間に2回目の施術を行う
  • 糸リフトの施術時間は15~20分

HIFU

  • 超音波の熱で皮膚のSMAS層という部分を収縮させてリフトアップさせると同時に脂肪も分解させる施術
  • 照射して2ヶ月後くらいが一番効果を実感できる
  • 異物を身体に入れることに不安がある方も安心して受けられ、ダウンタイムがほぼ無い
  • 頬のお肉が少ない方の場合、頬がこけてしまう可能性や稀に火傷のリスクがある
  • ピリピリとした痛みやズーンと響くような痛みを感じられる方もいる
  • マシンの種類があり、それぞれクリニックによって導入されているものが異なる
  • 3ヶ月から6ヶ月くらい空けて2回目の施術を行う
  • HIFUの施術は40分ほど

クリスティーナクリニック銀座のアクセス情報について

下記の記事では、クリスティーナクリニック銀座のアクセス情報について紹介しています。
はじめてクリスティーナクリニック銀座に向かう方や検討をされている方で、住所や電話番号といった基本的な情報を探されている方は、下記URLよりご確認ください。

今月のキャンペーン

記事監修医プロフィール

CHRISTINA CLINIC銀座(クリスティーナクリニック銀座)

URL:https://christina-clinic.com

院長 / 松島桃子

関越病院での研修、多摩南部病院麻酔科、TIクリニック(美容皮膚科)等を経て、2018年4月にCHRISTINA CLINIC銀座の院長に就任。
CHRISTINA CLINIC銀座は特に「小顔」「痩身」「美肌」に力を注いでおり、「切らずに」「すぐに効果が期待できる」クリスティーナクリニック銀座独自の施術は、多くの芸能人やモデルの方に支持されている。2020年3月には、「JeisysAward2019」にて、医療ハイフ年間施術数日本一のクリニックとして表彰されている。