CHRISTINA COLUMN

コラム

ボトックス注射は何ヶ月空けるべき?効果的な期間について解説

「ボトックスを打つ頻度を知りたい」「ボトックスって定期的に打たないといけないの?」「ボトックスは何ヶ月空けて打つべき?」ボトックス注射の効果を維持するためには、定期的な施術をおすすめしています。ボトックスはさまざまな美容の悩みに効果を発揮する厚生労働省にも認可されている医薬品です。この記事では、そんなボトックスの効果を最大限に発揮するための効果的な方法についてご紹介します。みなさんが悩まれている、ボトックスは何ヶ月空けるべきなのかについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ボトックスとは

ボツリヌス菌からボツリヌストキシンという身体に安全なタンパク質のみを抽出した成分の医薬品です。厚生労働省にも認可されているため、安心して使用できます。ボトックスには筋肉の動きを緩める作用があり、その作用を活用して、美容に関するさまざまな悩みを解決してくれます。ボトックスの最大の魅力は、メスを使わずに簡単に施術を受けられることです。施術時間は約5分と短いため、時間がない方にもおすすめの美容医療です。一般的なボトックスの持続期間は3〜4ヶ月。半永久的に効果が持続するわけではないため、効果を維持するためには定期的に施術を受ける必要があります。

ボトックスで期待できる効果

ボトックスは、美容に関するさまざまな悩みを解決してくれる万能薬です。ボトックスで期待できる効果は以下の通りです。
  • シワ改善
  • 小顔効果
  • ふくらはぎの部分痩せ
  • 多汗症改善
  • たるみ改善
  • 肩こりの解消
  • 小鼻を小さくする
  • リフトアップ
  • ガミースマイルの改善
  • 期待できる効果を見ても分かるように、ボトックスの効果は多岐に渡ります。

    ボトックスがおすすめな人

    さまざまな美容効果を期待できるボトックスは以下のような方におすすめです。
  • メスを入れずに綺麗になりたい
  • 忙しくてなかなか時間がとれない
  • 自然に顔の印象を変えたい
  • ボトックスは手軽に受けられる点が最大の魅力です。メスを入れたくない、時間がない方はボトックスを検討してみてはいかがでしょうか。

    ボトックスは何ヶ月空けるべき?

    クリニックにもよりますが、約2週間〜3ヶ月空けて再度施術を受けられます。一般的なボトックスの効果持続は、約3〜4ヶ月。半永久的な効果はないため、定期的に施術を受ける必要があります。ボトックスは繰り返し打つことで、効果が持続しやすいといわれています。長く効果を発揮させるためにも定期的な施術がおすすめです。

    ボトックスの効果を長持ちさせる5つのポイント

    一般的なボトックスの持続期間は、3〜4ヶ月です。しかし、注意事項に気を付けなければ持続する期間が短くなる可能性があります。ここでは、ボトックスの効果を長持ちさせる5つのポイントについてご紹介します。
  • 製剤選びに注意する
  • 注射部位を強く触ったりマッサージしたりしない
  • 過度な運動、飲酒、入浴は避ける
  • 定期的に施術を受ける
  • 他の美容医療を併用する
  • それぞれ詳しくみていきましょう。

    製剤選びに注意する

    同じボトックスでも、製剤の種類はさまざまです。アメリカ製、韓国製、ヨーロッパ製、中国製などさまざまな国の製造業者から作られたボトックス製剤があります。同じボトックスですが、製剤が違うだけで効果や値段が異なります。せっかく受けるボトックスの効果を最大限発揮させるためにも、製剤選びは慎重におこないましょう。一番日本で使われているのが、アラガン社の「ボトックスビスタ」です。ボトックスビスタは、アメリカ製ですが日本にも会社があり、品質管理が徹底されているので安全性が高い上に効果が長持ちしやすいといった特徴があります。世界で最も使用されている製剤です。クリスティーナクリニックでも、アラガン社の「ボトックスビスタ」を使用しております。

    注射部位を強く触ったりマッサージしたりしない

    施術後に、注射部位を強く触ったり、マッサージしたりすると、患部の薬が定着せずに周りに広がってしまう可能性があります。そうなると、ボトックスの効果が十分に発揮されなくなってしまうため注意が必要です。

    過度な運動、飲酒、入浴は避ける

    ボトックスは熱に弱いため、施術後は体温が上がる行為はなるべく避けていただくようにお願いしています。一般的には、ボトックスを打ってから約3日は過度な運動や飲酒、長時間の熱いお風呂は避けるようにしましょう。

    定期的に施術を受ける

    ボトックスの効果は半永久的ではありません。一般的にボトックスの持続期間は約3〜4ヶ月です。そのため、定期的に施術を受けることをおすすめしています。また、定期的に施術を受けることで部位によっては効果が持続する期間も長くなります。

    他の美容医療を併用する

    ボトックスと他の美容医療を併用することで、さらなる効果を期待できます。同じ注射による施術でおすすめなのが、ヒアルロン酸です。ボトックスは表情筋由来のシワに効果を発揮してくれますが、ヒアルロン酸は深く刻まれてしまったシワやくぼみに効果があります。同時施術は可能であるか医師と相談しながら決めていくとよいでしょう。ボトックスと併用するとより良いメニューは他にもありますが、ボトックス後、すぐには他の美容医療を受けられない場合もあります。他の美容医療を併用したい場合には、必ず医師に相談するようにしましょう。​

    ボトックスをお考えならクリスティーナクリニックにお任せください

    ボトックスは、さまざまな美容効果が期待できる万能薬です。メスを入れずに簡単に施術を行えるため、時間がないという方にもおすすめしたい美容医療の1つです。そんなボトックスの効果は3〜4ヶ月程度維持されます。この期間を目途に、繰り返し施術を受けることで、最大限の効果を発揮してくれます。ボトックスの効果を最大限発揮させたいという方は、クリニック選びも大切なポイントになります。東京都中央区でボトックスを考えている方は、ぜひクリスティーナクリニックにお任せください。相談だけも承っておりますので、気軽にお問い合わせください。

    今月のキャンペーン

    • ヘラス ストロング【10日分】×切らない脂肪吸引リポセル【20分打ち放題】
    • 選べるピーリング3種とレーザートーニング
    • ・ボトックス(小鼻・口角アップ・ガミースマイル・人中・バニーライン・アゴ)・ホワイトイン・アイバックソリューション・サーモン注射手打ち0.5cc
    • 医療脱毛キャンペーン
    • 脂肪溶解注射100ccチケット
    • 医療ハイフキャンペーン

    記事監修医プロフィール

    CHRISTINA CLINIC銀座(クリスティーナクリニック銀座)

    URL:https://christina-clinic.com

    院長 / 松島桃子

    関越病院での研修、多摩南部病院麻酔科、TIクリニック(美容皮膚科)等を経て、2018年4月にCHRISTINA CLINIC銀座の院長に就任。
    CHRISTINA CLINIC銀座は特に「小顔」「痩身」「美肌」に力を注いでおり、「切らずに」「すぐに効果が期待できる」クリスティーナクリニック銀座独自の施術は、多くの芸能人やモデルの方に支持されている。2020年3月には、「JeisysAward2019」にて、医療ハイフ年間施術数日本一のクリニックとして表彰されている。