CHRISTINA COLUMN

コラム

人中短縮ボトックスの効果とは?メリットとデメリットも徹底解説!

「人中短縮ボトックスは本当に効果があるの?」と疑問に思っていませんか。

メスを使わない施術で手軽にできる分、どのような仕組みで効果を得られるのか気になっている方も多いと思います。

この記事では、人中短縮ボトックスの効果やメリット・デメリットを紹介します。

人中短縮ボトックスとはどのような施術?

人中短縮ボトックスとは、唇の上の人中と呼ばれる部分にボトックスを注射する施術のことです。

ボトックスには筋肉の動きを抑制する作用があります。

人中部分に打つことで、上唇を下に引っ張る筋肉が抑制され、上唇が上向きになります。その結果、人中が短く見えるのです。

人中短縮ボトックスで得られる効果

そもそも人中とは、鼻と唇の間のことを指します。

人中が長いと顔が間延びした印象になるため、人中を短くすることで顔のバランスが整い美人度が増します

人中短縮ボトックスを受けるべきか迷っている方は、まずはどのような効果が得られるのかを知り、自分の悩みが解決されるか判断してみましょう。

可愛らしい印象になる

人中が長いと顔が間延びして、老けた印象になります。

口元は顔の印象を左右するパーツであるので、少しの変化でも顔のバランスが整います

老けた印象で悩んでいる方は、まずは人中短縮ボトックスを試してみるのがおすすめです。

唇をボリュームアップできる

内側に引き込まれていた上唇が反り返り、上を向くようになるので、上唇のボリュームアップが見込めます。

唇の面積が増えると顔の余白が減り、小顔効果にもつながります。

口元に悩みを感じている方はもちろん、小顔になりたい方にも、人中短縮ボトックスはおすすめです。

人中短縮ボトックスを選ぶメリット

メリットは、以下の3つです。

・体への負担が少ない

・ダウンタイムが少ない

・周りにバレにくい

人中短縮をしたいけれど、手術にするかボトックス注射にするか迷っている方は、以下のメリットを参考にしてみてください。

体への負担が少ない

人中短縮ボトックスは、メスを使用せず、注射で唇の上に数か所刺すだけです。

美容医療で使用する針は極細であるため痛みも少なく、5分ほどで施術も終わるので手軽にチャレンジしやすいと言えます。

初めて美容施術を受ける方にもおすすめです。

ダウンタイムが少ない

注射直後の赤みや針痕は当日中には落ち着きます。まれに内出血が生じることがありますが、その場合も1週間〜10日程度で治まります。

メイクで隠せば普通に生活できるため、ダウンタイムの心配はありません。

一方で手術の場合は、切開縫合の傷が治るのに2か月程はかかることが多いです。

ダウンタイムに悩まされたくない方は、人中短縮ボトックスを検討してみると良いでしょう。

周りにバレにくい

ダウンタイムや施術時間が短いため、仕事や家事で忙しい方でも手軽に受けられます。切開縫合する手術ではないため、休暇を取ったり、大きな腫れによって周りにバレる心配はありません。

人にばれずに、さり気なく印象を変えたい方に人中短縮ボトックスは向いています。

人中短縮ボトックスのデメリット

以下の2つのデメリットがあります。

・継続的な治療が必要になる

・唇に違和感を覚えることがある

メリットだけではなく、デメリットも踏まえた上で改めて自分に合った施術か見極めてみてください。

継続的な治療が必要になる

ボトックスの効果は3〜4か月程度で切れてしまいます。そのため、常に人中を短くしておきたい場合は、定期的に通院して施術を受ける必要があります。

3~4か月おきには通えないという人も問題はありません。

効果が完全に切れてしまった半年後でも一年後でも施術は可能です。

自分のペースで通院することがおすすめです。

定期的に通うのがネックな方や永久的な効果が欲しいと考える方は、切開する手術を検討してみるといいでしょう。

唇に違和感を覚えることがある

ボトックスが効いてくる5日目前後から、上唇に違和感を覚えることがあります。

例えば以下のような症状です。

・痺れたような感覚がある

・日常生活に多少影響が出る

ボトックスは筋肉の動きを抑制する作用なので、ボトックスが効いてくる5日目前後から、上唇が痺れたような感覚や、動きにくさを感じることがあります。

上唇が動かしにくいと会話や食事、歯磨きなどがしにくくなる可能性があります。

この症状は永久的なものではなく2週間〜1か月ほどで治まります。

人中短縮ボトックスをするならクリスティーナクリニックへ

人中短縮ボトックスを検討している方は「クリスティーナクリニック」がおすすめです。

アラガン社認定医の技術力を駆使して、悩みに合わせた施術を提供しています。痛みやダウンタイムも最小限になるよう工夫しているので安心です。

気になる方は「予約フォーム」からご相談ください。

まとめ

人中短縮ボトックスとは、鼻と唇の間の人中という部分にボトックス注射をする施術のことです。人中を短くすることで、可愛らしく若々しい印象になれます。

人中短縮ボトックスには、ダウンタイムが少なく、周りにバレにくいというメリットがあります。

対して、効果は永久的ではないので継続的な治療が必要であり、一時的に唇に違和感を覚えるというデメリットもあります。

メリットとデメリットのどちらも把握した上で施術を受けましょう。

ボトックス注射を受ける病院を決めかねている方は、クリスティーナクリニックがおすすめです。気になった方は、「予約フォーム」から申し込みしてみてください。

今月のキャンペーン

  • 美肌プラン
  • 小顔プラン
  • 毛穴プラン
  • 痩身プラン
  • ニキビプラン
  • エイジングケアプランVol.1
  • エイジングケアプランVol.2
  • ベビーコラーゲン注射20%オフ
  • 医療脱毛

記事監修医プロフィール

CHRISTINA CLINIC銀座(クリスティーナクリニック銀座)

URL:https://christina-clinic.com

院長 / 松島桃子

関越病院での研修、多摩南部病院麻酔科、TIクリニック(美容皮膚科)等を経て、2018年4月にCHRISTINA CLINIC銀座の院長に就任。
CHRISTINA CLINIC銀座は特に「小顔」「痩身」「美肌」に力を注いでおり、「切らずに」「すぐに効果が期待できる」クリスティーナクリニック銀座独自の施術は、多くの芸能人やモデルの方に支持されている。2020年3月には、「JeisysAward2019」にて、医療ハイフ年間施術数日本一のクリニックとして表彰されている。