CHRISTINA COLUMN

コラム

レーザートーニングは痛い?得られる効果ややめるとどうなるかも解説

レーザートーニングとは、従来のレーザー治療では難しかった肝斑の改善が期待できる治療法です。

ダウンタイムが短く肌への負担が少ない治療法ですが、「レーザー治療は痛みが気になる」「途中で治療をやめても大丈夫?」と気になっている方もいるかもしれません。

本記事では、レーザートーニングの施術中の痛みや、得られる効果、途中で治療をやめるとどうなるかについて解説します。

レーザートーニングの痛みが不安という方は、ぜひ最後まで読んで治療の参考にしてみてください。

レーザートーニングとは

レーザートーニングとは、シミや肝斑、肌のくすみなどの改善が期待できる治療です。

低刺激のレーザーを肌に均一に照射し、少しずつメラニンにダメージを与えて排出することで、シミや肝斑などの肌トラブルの改善を目指します。

従来のレーザー治療はメラニンを一気に破壊する方法で、施術箇所がかさぶたになったりテープ保護が必要だったりしました。

一方でレーザートーニングは、回数を重ねる必要がある代わりにダウンタイムがほとんどありません。

治療をしているのが周りにばれたくない方や、できるだけダウンタイムが目立たないような治療法を探している方におすすめです。

レーザートーニングで得られる効果

レーザートーニングで得られる効果は、下記の二つです。

・シミ・肝斑などの治療

・毛穴や黒ずみの改善

上記について、詳しく解説します。

シミ・肝斑などの治療

レーザートーニングの最大の特徴は、肝斑の治療ができる点です。

肝斑とは、主に両頬左右対称にできる薄茶色のシミのことです。

肝斑は従来のレーザーでは治療が難しく、メラノサイト(メラニンの細胞)が活性化され余計に症状が悪化してしまう危険性がありました。

しかしレーザートーニングは、低出力で低刺激の治療法でメラノサイトを刺激することなく肝斑の症状を目立たなくすることが可能となりました。

ただし、レーザートーニングで肝斑を治療する場合は、回数を重ねる必要があります。

肝斑を目立たない程度薄くするためには、10回以上は治療が必要になります。

1〜2週間に1度の照射が必要となるため、頻繁にクリニックに通わなければいけない点を理解しておきましょう。

毛穴や黒ずみの改善

レーザートーニングは、肌の奥の真皮上層に働きかけてコラーゲンやエラスチンなど美肌成分の生成を促す作用もあるため、肌のハリがアップし、毛穴がきゅっと小さくなる効果が期待できます。

また、レーザートーニングはもともとメラニンを徐々に排出させる治療法のため、肌のくすみや黒ずみも解消できます。

肌トーンの揃ったくすみのない美肌に近づきたい方に、レーザートーニングはおすすめです。

レーザートーニングの痛みとダウンタイム

レーザートーニングは、輪ゴムを軽くはじいたようなパチパチとした痛みや、ヒリヒリとした痛みがあります。

しかし、あまり強い痛みではないため、麻酔なしで問題なく施術を受ける方が多いです。

それでも痛みが不安な方は、塗るタイプの麻酔を使用することも可能ですので、カウンセリング時に相談してみましょう。

レーザートーニングには、ダウンタイムがほとんどありません。

治療後に軽い赤みが発生するケースはありますが、数時間で落ち着くことが多いです。

施術後すぐにメイクもできるため、気になる方はファンデーションやコンシーラーで隠すことも可能です。

レーザートーニングをやめるとどうなるのか

レーザートーニングの治療を途中でやめると、シミや肝斑の改善効果を実感できなくなる可能性があります。

レーザートーニング後はお顔全体がトーンアップするため、最初の2〜3回目まではコントラスト的な問題でシミや肝斑が濃くなったと感じる場合があります。

そのため、シミや肝斑が薄くなったと治療効果を実感するまでに最低3〜5回程度の継続は必要になります。

途中で治療を辞めたからといってシミが急激に悪化したり、すぐに治療前の状態に戻ったりすることはありませんが、効果を実感するためには、継続して治療を受けることが必要です。

1クールの治療が終了した後も、1〜2か月に1度のペースでレーザートーニングを受けると、状態の良い肌をキープすることができます。

治療回数の目安やメンテナンス頻度は、医師と相談して決めるのが良いでしょう。

レーザートーニングを受ける際の注意点

レーザートーニングによる治療を受ける場合は、下記の2点が大切です。

・施術後の注意事項をよく守る

・信頼できるクリニックで施術を受ける

上記の2点について、解説します。

施術後の注意事項をよく守る

レーザートーニングの施術後は、クリニックから言われた注意事項をよく守って生活するようにしてください。

とくに、保湿と紫外線対策は徹底しましょう。

レーザートーニングを受けた後の肌は、一時的に肌のバリア機能が弱まり敏感な状態になっています。

肌が乾燥した状態が続くと、かゆみやニキビなどが発生してしまう原因となるため、施術後はいつも以上に保湿を心がけてください。

また、紫外線対策も非常に大切です。

施術後の乾燥している肌は紫外線のダメージを受けやすくなっています。

その状況で紫外線を浴びるとシミが再発したり、さらに濃くなったりするケースもあります。

日焼け止めや帽子などで、念入りに紫外線対策をするようにしてください。

信頼できるクリニックで施術を受ける

レーザートーニングは低出力のため肌へダメージを与えにくい治療ですが、照射出力や治療タイミングを誤ると、症状が悪化する可能性もあります。

施術による肌トラブルを防ぐためには、レーザートーニングの経験が豊富なクリニックで施術を受けることが大切です。

自身の肌悩みにレーザートーニングが適しているのか、何回程通院が必要か、施術の前に必ずカウンセリングや診察を受けましょう。

レーザートーニングなら、クリスティーナクリニックにお任せください

クリスティーナクリニックでは、最新型のレーザートーニング機器である「フォトナQX」を使用しています。

肌に均一にレーザーを照射することができるため、安全でムラのない治療が可能です。

クリスティーナクリニックには、レーザートーニングの経験が豊富な医師・看護師が多数在籍していますので、ぜひお気軽にカウンセリングにお越しください。

【まとめ】レーザートーニングの痛みは少ない!痛みが苦手な方も安心して受けられる

レーザートーニングは比較的痛みの少ない治療です。

回数を重ねる必要がある代わりに肌への負担が少なく、ダウンタイムもほとんどありません

従来のレーザー治療では悪化する傾向にあった肝斑にも効果的であるため、気になる方はぜひカウンセリングに行ってみてください。

今月のキャンペーン

  • 水光注射
  • POTENZA
  • リポセル
  • 人中短縮ボトックス注射
  • 人参注射
  • 輝肌注射
  • ハイフ&ポテンツァ
  • 究極の痩身マシーン 脂肪を撃退!リポセルあて放題!全身スリム化計画
  • ご家族ご友人ご紹介キャンペーン

記事監修医プロフィール

CHRISTINA CLINIC銀座(クリスティーナクリニック銀座)

URL:https://christina-clinic.com

院長 / 松島桃子

初期研修終了後、NTT関東病院麻酔科、TIクリニック(美容皮膚科)等を経て、2018年にCHRISTINA CLINIC銀座の院長に就任。2016度よりアラガン施注資格認定医。
CHRISTINA CLINIC銀座は特に「小顔」「痩身」「美肌」に力を注いでおり、「切らずに」「すぐに効果が期待できる」施術をメインに提供しております。2020年3月には、「JeisysAward2019」にて、医療ハイフ年間施術数日本一のクリニックとして表彰されました。