CHRISTINA COLUMN

コラム

レーザートーニングのダウンタイム期間は?症状や過ごし方についても紹介

レーザートーニングは、シミや毛穴、肝斑の改善が期待できる治療法です。

レーザー治療でありながらも刺激が弱く、安全に受けられる治療法として知られています。

しかし、美容医療にはダウンタイムがつきものです。

「レーザートーニングにダウンタイムはある?」「ダウンタイム中の症状は?」と気になっている方も多いのではないでしょうか。

本記事では、レーザートーニングのダウンタイムやダウンタイム中の過ごし方について解説します。

治療に必要な回数や費用もあわせて解説しているため、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

レーザートーニングとは

レーザートーニングとは、シミや肝斑、毛穴などの肌トラブルの改善効果が期待できる治療法です。

低出力のレーザーを肌に均一に照射し、少しずつメラニンの排出を促していきます。

レーザートーニングの最大の特徴は、肝斑の治療ができることです。

肝斑とは、主に両頬左右対称にできる薄茶色のシミのことを指します。

従来のレーザー治療では肝斑を悪化させる恐れがありましたが、レーザートーニングは低刺激な治療法のため、肝斑が持つメラノサイトを刺激せずにメラニン顆粒を排出させることが可能となりました。

治療回数は必要になりますが、肝斑の治療を検討している方に特におすすめです。

フォトフェイシャルとの違いについて

レーザートーニングとよく比較される治療法に、フォトフェイシャルがあります。

フォトフェイシャルは、IPLと呼ばれる特殊な光を照射する治療法で、シミ以外にも赤みや小ジワなど複合的な症状の改善が期待できます。

シミなどのピンポイントの悩みではなく、肌全体のトラブルの改善が目指せます。

しかし一方で、IPLの光は肝斑を悪化させてしまう可能性があるため、肝斑の治療には向いていません。

肝斑の治療を希望する方は、レーザートーニングを受けましょう。

レーザートーニングのダウンタイム

レーザートーニングには、ほとんどダウンタイムがありません。

そのため、周りにバレずに治療を受けたい方でも安心して受けられる治療といえます。

レーザートーニングのダウンタイム期間中の症状や、過ごし方について詳しく解説します。

ダウンタイム期間

レーザートーニングには、ダウンタイム期間がほとんどありません

施術中は輪ゴムではじかれたような痛みを感じたり、日焼けのようなヒリヒリした痛みを感じます。

また、施術直後は赤みが出るケースが多いですが、鎮静・保湿パックをすることですぐに引いていくでしょう。

テープ保護は必要なく、洗顔やメイクも当日から可能です。

次の日に仕事や学校がある方でも、安心して受けられる施術と言えます。

ダウンタイムの過ごし方

施術後の肌は、レーザーの熱が加わることで水分が蒸散され、非常に乾燥した状態です。

いつも以上にしっかりと保湿するよう心がけてください。

また、肌は刺激にも弱くなっています。

ゴシゴシこすると赤みや肌トラブルの原因となりますので、洗顔後にタオルで肌を拭く際は、やさしく押さえる程度にしましょう。

さらに、一時的にニキビが生じる方がいますが一週間程で自然に消失するので、気になるからといって手で触れないようにしましょう。

症状がひどい場合や長引く場合は、施術を受けたクリニックに相談してください。

レーザートーニングは従来のレーザー治療のように、シミがかさぶたになって剥がれるということのない治療法です。

ダウンタイムがほとんどないため、安心して治療を受けられるでしょう。

効果が出るまでの回数と治療頻度

レーザートーニングは、効果が出るまでに回数を重ねる必要がある施術です。

シミや毛穴の改善はもちろん、肝斑を治療したい方は複数回の通院が必要となります。

レーザートーニングの効果が感じられるまでの施術回数と治療頻度について、解説します。

回数

レーザートーニングは、一回の治療で明らかな効果が出るものではありません。

治療を重ねるごとに少しずつ効果が見られるようになっていきます。

通院3回目程から徐々に肌の明るさや透明感、毛穴の引き締め効果が感じられるようになる方が多いです。

肝斑に関しては、5回以上施術を受けることで徐々に効果が見られるようになるでしょう。

個人差はありますが、シミや毛穴などの改善を目指したい方は最低10回、肝斑を改善したい方は最低20回は施術を受けると変化をしっかりと感じられるようになります。

おすすめの治療頻度

レーザートーニングの適した治療頻度は、1〜2週間おきです。

あまりにも短期間に繰り返すと色素脱失で白斑が生じたり、逆にあまりにも期間が空きすぎると効果の実感を見込めなかったりするので、クリニックに言われた推奨間隔で通院することが重要です。

万が一施術を途中でやめた場合、十分な効果を感じられない場合があります。

すぐに元通りの肌に戻るわけではありませんが、効果を出すためには継続して施術を受けることが必要です。

また、肌のトーンが整った綺麗な状態を維持したい方は、治療が終了してからも1か月に一度のペースで施術を受けると良いでしょう。

レーザートーニングの費用

レーザートーニングの価格は、全顔1回10,000円〜30,000円が相場です。

初回は割引になるキャンペーンや、回数をまとめて契約するとお得に受けられるプランもあるため、クリニックの価格表をチェックしてみましょう。

クリスティーナクリニックの場合は、初回は12,100円で受けられます。

レーザートーニングならクリスティーナクリニックにお任せください

クリスティーナクリニックのレーザートーニングは、「フォトナQX」と呼ばれる最新型の機器を使用しています。

顔全体にムラなく均一に、低刺激の出力でレーザーを照射していくため、肌に負担をかけずにダウンタイムなくメラニンを壊していくことが可能です。

クリスティーナクリニックでは、治療後に鎮静・保湿のパックもおこなっています。

治療によって一時的に乾燥した肌もしっかりと保湿するため安心です。

レーザートーニングに関してご不安な点やご要望などあります際は、お気軽にカウンセリングにお越しください。

【まとめ】レーザートーニングはダウンタイムのほとんどない安全な治療法

レーザートーニングは、ダウンタイムがほとんどない治療です。

施術直後は赤みが出ることがありますが、クーリングすることですぐに落ち着きます。

当日の洗顔やメイクも可能なため、周りにバレずに施術を受けられるでしょう。

十分な効果を得るためには、継続しての施術が必要です。

シミや毛穴の改善であれば最低10回、肝斑の改善を目指す方は最低20回は繰り返すことをおすすめします。

効果の実感には回数が必要になりますが、ダウンタイムなく安全に治療を受けることができる点がレーザートーニングの大きなメリットです。

記事監修医プロフィール

CHRISTINA CLINIC銀座(クリスティーナクリニック銀座)

URL:https://christina-clinic.com

院長 / 松島桃子

初期研修終了後、NTT関東病院麻酔科、TIクリニック(美容皮膚科)等を経て、2018年にCHRISTINA CLINIC銀座の院長に就任。2016度よりアラガン施注資格認定医。
CHRISTINA CLINIC銀座は特に「小顔」「痩身」「美肌」に力を注いでおり、「切らずに」「すぐに効果が期待できる」施術をメインに提供しております。2020年3月には、「JeisysAward2019」にて、医療ハイフ年間施術数日本一のクリニックとして表彰されました。

今月のキャンペーン

  • 医療用ウルトラセルハイフ
  • トーニング
  • ヒアルロン酸
  • 脇ボトックス
  • 水光注射
  • ウルトラセルQ+ハイフ(リニア)
  • 美肌注射
  • 次世代脂肪溶解注射 プロストロレーンインナーB
  • ハイフ&ポテンツァ
  • 究極の痩身マシーン 脂肪を撃退!リポセルあて放題!全身スリム化計画
  • ご家族ご友人ご紹介キャンペーン