CHRISTINA COLUMN

コラム

ダーマペン後の白ニキビは好転反応?症状を抑えるポイントを解説

ダーマペンは、極細の針で肌に無数の穴を開ける施術です。

傷が修復する過程で体内の美容成分が活性化し、以前よりも若々しい肌へと生まれ変わり、多くの肌トラブルの改善が期待できます。

継続して施術を受けることで効果実感が増すことがダーマペンの特徴ですが、好転反応として一時的に白ニキビが発生するケースがあります。

すべての人に該当する症状ではありませんが、好転反応があらわれる可能性が高いかどうかは、事前にある程度の判別が可能です。

ダーマペン後に白ニキビが発生する理由

施術後に白ニキビが発生する理由は、肌の細胞が活性化されて毛穴に詰まっていた皮脂や汚れを排出しようとしているところで、バリア機能の低下などが原因で毛穴の出口が塞がれてしまうためです。

好転反応の白ニキビは、治療経過で起こりうるものであり、治療に対して肌が適切に反応していることのあらわれですのでご安心ください。

白ニキビの特徴

白ニキビとは皮脂によって毛穴が詰まった、初期段階におけるニキビです。

ターンオーバーの乱れやダメージなどが原因で毛穴が塞がってしまい、皮脂を排出できないため生じます。

ニキビができたばかりの段階なので、ケアを適切に行うことで徐々に改善します。

好転反応の特徴

好転反応とは、症状が改善する過程で一時的に発生する反応です。

好転反応には排泄反応と呼ばれるものがあり、白ニキビはこれに該当します。

白ニキビだけでなく、肌荒れや湿疹も排泄反応と同じ区分ですが、経過とともに症状は落ち着くため心配いりません。

ダーマペン後の好転反応による白ニキビが治る期間

好転反応による白ニキビがいつ頃治るのかというと、通常であれば数日内には改善します。

とはいえ数週間を要する人もいるため、絶対的な目安というものではありません。

好転反応は人によって全く出ないこともあれば、強くあらわれる場合もあります。

症状が出る範囲や、治るまでの期間も含め個人差はありますが、適切に対処すれば跡が残ることはないでしょう。

好転反応による白ニキビができやすい人の特徴

好転反応で白ニキビができやすい人の特徴は「初めてダーマペンを受ける」「ニキビやニキビ跡が多い」人です。

とはいえ必ず白ニキビが発生するわけではないので、過度の心配は不要です。

念のため施術直後は予定をいれず、経過を見守る程度の心構えでいると良いでしょう。

初めてダーマペンを受ける

初めてダーマペンを受ける人が白ニキビを発生しやすい理由は、ターンオーバーの周期が安定していないことが多いためです。

施術後に肌の細胞が活性化し、今まで毛穴に詰まっていた皮脂や汚れが一気に排出されることで、白ニキビが発生しやすくなります。

継続してダーマペンを受けている人はターンオーバーの周期が正常化し、皮脂の詰まりが少なくなるので、白ニキビが生じるリスクは低くなるでしょう。

ニキビやニキビ跡が多い

炎症性のニキビができやすい人やニキビ跡が多い人は、皮脂が多く詰まりやすい、乾燥しやすい、新陳代謝が悪いといった性質があります。

もともとがニキビのできやすい体質であるため、好転反応としての白ニキビも発生しやすいです。

しかし、一時的に白ニキビが増えても施術を継続する度にできにくくなっていくことが多いです。

ダーマペン後の白ニキビを抑えるには

白ニキビは、以下の項目を押さえることで抑制できます。

・針を深く刺しすぎない

・術後のケアを入念に行う

・薬剤を併用する

中には費用や治療方針との兼ね合いが必要な項目もありますが、可能であれば医師や看護師と相談した上で施術を受けるのが良いでしょう。

針を深く刺しすぎない

ダウンタイムの期間や好転反応の強さには、針をどの程度深く指したかも関係します。

ニキビ跡やクレーターの治療には、針の長さを2.0㎜ほどに設定することが好ましいですが、ニキビ治療に関してはそこまで深くしなくても効果が見込めます。

症状との兼ね合いもあるので、施術前に相談することが大切です。

術後のケアを入念に行う

施術後は肌のバリア機能が弱まっており、乾燥しやすい状態です。

乾燥すると肌内部が水分不足を察知して、潤いを補給しようと皮脂分泌が過剰に働いてしまいます。

そのため、施術後は保湿を十分に行うことが大切です。

薬剤を併用する

ダーマペンで無数の穴を開けた肌に美容成分を含んだ薬剤を流し込むことで、相乗効果が期待できます。

当院で使用している薬剤のウーバーピールは抗炎症作用があるため、肌トラブルの改善だけでなくニキビに対して高い効果が期待できます。

ダーマペンを受ける際のポイント

ダーマペンを受ける際は「カウンセリングで悩みや要望を伝える」「ダウンタイムを把握する」ことの2つが大切なポイントです。

カウンセリングで悩みや要望を伝える

施術の前には必ずカウンセリングがあります。

現在の状態や適応を見極め、どのような方針で治療をしていくのが最良かを検討するために非常に重要な時間です。

カウンセリングでは施術についての説明もありますが、どのような悩みを持っているか、施術を通してどうなりたいか、想いを医師やカウンセラーと共有する必要があります。

不安などをすべて解消した上で施術に進みましょう。

ダウンタイムを把握する

ダウンタイムを把握することで、副作用が落ち着くまでの日数の目安がつきます。

ダウンタイム中の注意事項についてや、スケジュール管理をするためにも、ダウンタイムについての理解を深める必要があるでしょう。

クリスティーナクリニックのダーマペン

クリスティーナクリニックでは最新型のダーマペン4を使用しています。

ダーマペンはもともとニキビ跡治療や肌質改善に有効ですが、美容薬剤を併用することで、さらに高い効果を引き出すことが可能です。

ニキビ治療に対して有効な薬剤としては、ウーバーピールがおすすめです。

ウーバーピールは抗炎症作用があるため、肌質改善だけでなくニキビに対して高い効果が期待できます。

当院のダーマペンは、施術に精通した医療従事者が担当するので、安心して受けられます。

ぜひ一度ご相談ください。

まとめ

ダーマペン治療後は好転反応として、一時的に白ニキビが生じることがあります。

初めてダーマペンを受ける人や、もともとニキビ・ニキビ跡が多い人は生じやすい傾向があるため注意が必要です。

白ニキビはニキビの初期状態なので、適切なケアをすれば跡になったり、悪化したりすることはほとんどありません。

記事監修医プロフィール

CHRISTINA CLINIC銀座(クリスティーナクリニック銀座)

URL:https://christina-clinic.com

院長 / 松島桃子

初期研修終了後、NTT関東病院麻酔科、TIクリニック(美容皮膚科)等を経て、2018年にCHRISTINA CLINIC銀座の院長に就任。2016度よりアラガン施注資格認定医。
CHRISTINA CLINIC銀座は特に「小顔」「痩身」「美肌」に力を注いでおり、「切らずに」「すぐに効果が期待できる」施術をメインに提供しております。2020年3月には、「JeisysAward2019」にて、医療ハイフ年間施術数日本一のクリニックとして表彰されました。

今月のキャンペーン

  • ミラノリピール 何回でも利用OK!
  • PQエイジエボリューションプラス
  • 5月病対策注射
  • 肩ボトックス
  • 肌診断機測定+ミニエステ
  • 水光注射
  • ウルトラセルQ+ハイフ(リニア)
  • 美肌注射
  • 次世代脂肪溶解注射 プロストロレーンインナーB
  • ハイフ&ポテンツァ
  • 究極の痩身マシーン 脂肪を撃退!リポセルあて放題!全身スリム化計画
  • ご家族ご友人ご紹介キャンペーン