CHRISTINA COLUMN

コラム

目尻のシワにはボトックスが有効?メリットとデメリットも解説

目尻のシワが気になるけれど、どう対策したら良いかわからないとお悩みではありませんか?

実は目尻のシワは、ボトックス注射で改善が期待できます。

本記事ではボトックス注射と、目尻のシワの関係について解説します。

参考にして、お悩み解決の手助けにしてください。

ボトックスとは?

ボトックスには、注射した部位の筋肉の動きを弱める作用があります。

眉間や目尻のシワなどの表情ジワを対象として有効性と安全性が確立されています。

施術時間は5分程と短時間で済み、痛みも軽度であるため、シワ取り施術として人気の高いメニューです。

ちなみに、ボトックスは米国アラガン社のA型ボツリヌストキシン製剤の商品名であり、A型ボツリヌストキシン製剤自体は世界各国で製造されています。

クリニックによって取り扱っているボツリヌストキシン製剤が異なるので、施術を検討される際はご確認ください。

目尻のシワに対するボトックスの効果

目尻のシワは、眼輪筋という目回りの筋肉を動かすことが原因で生じます。

通常は一時的なものですぐにシワは消えますが、皮膚の乾燥やターンオーバーの乱れなどが原因で、肌の弾力・ハリが低下してしまうと皮膚にクセがつき、表情が消えた後もシワが戻らなくなります。

ボトックスには注射部分の筋肉の動きを弱める効果があるので、目尻の過度な動きを止めることができます。

その他ボトックスの効果

その他ボトックスの効果は、以下のとおりです。

・顎の梅干しジワ改善

・エラ張り改善

・口角アップ

・ガミースマイル改善

・人中短縮

・肩こり改善

・多汗症改善

ボトックスは注射のみの治療ですが、上記のように様々な効果が期待できます。

ボトックス注射のメリット

ボトックス注射のメリットは、以下のとおりです。

・ダウンタイムが短い

・ダウンタイムの症状が軽い

・失敗してもやり直しができる

上記のメリットは注入部位に関係なく、ボトックス注射を受けた際の共通のメリットです。

手軽に受けられ、生活への影響が少ない点が大きな魅力です。

ダウンタイムが短い

ボトックス注射はダウンタイムが短いです。

一般的に施術後数時間で落ち着きます。

当クリニックでは施術後、メイク・シャワー・洗顔は当日からOKとしています。

そのため、施術終了後に予定がある場合でもメイクを直して出かけるというスケジューリングも可能です。

ただし、クリニックの方針によっては「翌日から」と指示が出る場合もありますので、実際に利用するクリニックに従ってください。

また、サウナや温泉、飲酒、激しい運動などはダウンタイム終了後より可能となります。

ダウンタイムの症状が軽い

ボトックス注射は、ダウンタイムの症状が軽いことでも人気です。

具体的には、以下のような症状が出ます。

・腫れ

・赤み

・刺し傷

・内出血

上記の症状はすべて、ボトックスという製剤の副作用ではなく、注射針に対する症状です。

必ずすべて生じるわけではなく、ほとんど症状が出ない人も珍しくありません。

基本的には数時間で消失しますが、内出血が出た場合は治るのに1~2週間ほどかかります。

失敗してもやり直しができる

ボトックスは注射後、3~4か月程で効果が切れます

そのため、良くも悪くも必ず元に戻ります。

もしボトックス施術後の仕上がりが好みでなかったとしても、すぐに効果を消失させる特効薬はありませんが、時間の経過とともに施術前の状態に必ず戻ります。

注射による治療は、徐々に代謝され体外に排出されますが、それが安全というメリットであります。

ボトックス注射のデメリット

ボトックス注射には、以下のようなデメリットもあります。

・効果に永続性が無い

・打ち過ぎると悪影響が出る

上記デメリットもメリットと同様、目尻に打つ場合に限らず、ボトックス施術全般に共通しています。

施術前にデメリットも知っておくことで、後から想像と違ったというトラブルを防げます

不安がどうしても拭えない場合は、カウンセリングの際に相談しましょう。

施術前に不安や疑問を解消しておくことは、あらゆる美容医療を受ける上で大切なことです。

効果に永続性が無い

ボトックス注射は、効果に永続性がありません。

前述しましたが、ボトックスは一般的な薬剤と同じく、時間の経過とともに代謝され、やがて排出されます。

仕上がりが気に入らなくても元に戻せるというメリットはありますが、言い換えると仕上がりが気に入っても、状態維持できないというデメリットにもなります。

施術後の状態をキープするためには、定期的に施術を受けことが必要です。

打ち過ぎると悪影響が出る

ボトックスを適量以上に入れすぎると、悪影響が出ます。

ボトックスは注入部位の筋肉の動きを弱める作用であるため、過剰に入れると筋肉に力が入らなくなってしまい、動きが必要以上に鈍くなってしまうのです。

そのためボトックスは、審美性を上げつつ、機能的に問題が起こらない量を見極めて注射しなければなりません。

入れれば良いというわけではないことを覚えておきましょう。

ボトックスのクリニック選びは慎重に

ボトックス施術を受ける際のクリニック選びは、慎重になる必要があります。

ボトックス注射は、施術を受ける側にとっては手軽ですぐに終わる施術です。

しかし施術を行う側にとっては、それぞれの希望に合わせて、的確な量を的確な場所に打たなければなりません。

そのため、高い技術力を要求されるメニューなのです。

「施術はどこで受けても同じ」という考えは止め、じっくり検討してください。

クリスティーナクリニックでボトックス治療を

ボトックスを受けたいけれど、クリニック選びに迷うという人は、ぜひクリスティーナクリニックにお越しください。

当クリニックには数々の実績があり、今まで多くのお客様に満足いただいております。

また、利用するボトックスも、日本国内で唯一製造販売承認を得ているアラガン社製のボトックスを用いています。

どこで施術を受けたら良いか悩んでいる方は、ぜひ一度ご相談ください。

【まとめ】目尻のシワはボトックスで改善が期待できる

目尻のシワは、ボトックスで改善が期待できます。

施術そのものは注射だけで済み、体への負担も少なく、施術時間も短いため、多忙な方でも気軽に受けていただけます。

目尻のシワにお悩みの方や、気軽なメニューから美容医療にチャレンジしてみたい人は、ぜひ一度ボトックスをお試しください。

今月のキャンペーン

  • 水光注射
  • POTENZA
  • リポセル
  • 人中短縮ボトックス注射
  • 人参注射
  • 輝肌注射
  • ハイフ&ポテンツァ
  • 究極の痩身マシーン 脂肪を撃退!リポセルあて放題!全身スリム化計画
  • ご家族ご友人ご紹介キャンペーン

記事監修医プロフィール

CHRISTINA CLINIC銀座(クリスティーナクリニック銀座)

URL:https://christina-clinic.com

院長 / 松島桃子

初期研修終了後、NTT関東病院麻酔科、TIクリニック(美容皮膚科)等を経て、2018年にCHRISTINA CLINIC銀座の院長に就任。2016度よりアラガン施注資格認定医。
CHRISTINA CLINIC銀座は特に「小顔」「痩身」「美肌」に力を注いでおり、「切らずに」「すぐに効果が期待できる」施術をメインに提供しております。2020年3月には、「JeisysAward2019」にて、医療ハイフ年間施術数日本一のクリニックとして表彰されました。