CHRISTINA COLUMN

コラム

目尻のシワにボトックスを注入すると不自然な顔になるって本当?

ボトックス注射とは、表情ジワの改善が期待できる施術です。

施術時間が短くダウンタイムも軽いため、手軽に受けられる美容医療として人気を集めています。

一方で、ボトックス注射は副作用があり、不自然な顔になると耳にして不安を抱いている方もいるでしょう。

本記事では、ボトックス注射の特徴や副作用について解説します。

ボトックス注射に興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

ボトックス注射とは

ボトックス注射とは、ボツリヌス菌から産生されるタンパク質の一種である「ボツリヌストキシン」を、注射器を用いてお悩み部位に注入する施術です。

ボトックスは筋肉の動きを抑える作用があるため、もともと医療の分野で顔面神経麻痺や筋肉の痙縮などの治療に利用されてきました。

美容医療では、このようなボトックスの作用を活かし、表情筋の動きが原因でできる「シワ」の治療に用いられています。

さらに、筋肉の過剰な発達が原因であるエラ張りや肩こり、さらには、多汗症、わきがなどの治療にも応用されています。

目尻にボトックスを注入すると不自然な顔になる?

ボトックス注射は適切な方法で使用すれば、副作用を恐れる心配はほとんど無い施術です。

目尻や目の下も、適切な注入方法であれば自然な表情を保ったままシワの改善が期待できます。

ただし、ボトックスの注入量が多かったり、注入場所を誤ったりしてしまうと表情に違和感が生じる危険性があります。

その一方で、注入量が少ないと効果をあまり実感できないでしょう。

このようにボトックス注射は医師の知識や経験が求められる施術でもあるため、信頼のおける医師のもとで受けることが大切です。

ボトックスで目尻のシワ改善ができるの?

目尻や目の下にできる表情ジワは、目の周囲にある眼輪筋(がんりんきん)が主な原因として挙げられます。

眼輪筋は、笑う時や目を強く閉じる時に使う筋肉です。

そのため、眼輪筋の動きをボトックスで抑制することで、シワの改善が期待できます。

また、目尻のシワは眼輪筋以外の要因も考えられます。

肌の潤いやハリが不足すると、シワが徐々に刻まれていきます。

その場合、ヒアルロン酸注入や成長因子注入など他の美容医療メニューが向いている場合もありますので、まずはカウンセリングで肌の状態を確認させてください。

目尻ボトックス注射の注意点

目の周囲は毛細血管が豊富なため、内出血が起こりやすい場所です。

内出血をできるだけ回避するには、信頼のおける医師のもとで施術を受けることが大切です。

また、以下に当てはまる方はボトックス注射を受けられません。

・ボトックス製剤にアレルギーがある方

・妊娠中・授乳中の方

・妊活中の方

この他にも、日常的に薬を服用している方や持病を患っている方は、ボトックス注射を受けられない場合があります。

カウンセリングの際に必ず医師に申告したうえで、施術可能か判断を仰ぎましょう。

目尻ボトックスを受ける際のポイント

目尻ボトックスを受ける際のポイントは、次の3つです。

・ボトックスの特性を理解する

・十分なカウンセリングを受ける

・信頼のおける医師のもとで施術を受ける

ボトックスの効果を最大限に引き出すためにも、これらのポイントを踏まえたうえで施術を検討しましょう。

また、分からないことや疑問点が生じた場合は決してそのままにせず、カウンセリングの際に医師やスタッフに確認しましょう。

ボトックスの特性を理解する

ボトックスは筋肉の動きを抑える作用を持っています。

そのため、筋肉の動きが原因でできる目尻や目の下のシワに効果が期待できます。

また、ボトックスの効果は永続的ではありません。

効果が切れてくると徐々に元の状態に戻ります

効果を維持したい方は、定期的な施術が必要になります。

患者様の中には、挙式や大切なイベントに向けてボトックス注射を検討している方もいるでしょう。

その場合、カウンセリングの際にボトックスの効果を発揮させたい時期をお伝えください。

考慮しながら最適な時期をご提案いたします。

十分なカウンセリングを受ける

ボトックスで満足度の高い効果を得るためには、十分なカウンセリングを行っているクリニックを選ぶことが大切です。

特に、カウンセリングの際にボトックスの副作用やリスクについて説明してくれるクリニックがおすすめです。

また、理想に近づくためにも、できるだけ詳しく悩みや理想像をお伝えください

そのうえで、患者様の顔の形状やシワの状態に合った施術方法を提案いたします。

口頭で説明するのが難しい方は、理想の写真や画像などを医師に見せるのも一つの手です。

信頼のおける医師のもとで施術を受ける

シワの状態は千差万別です。

ボトックス注射の経験が多い医師であれば、これまでの症例を元に患者様一人ひとりに合わせた施術を提供できるでしょう。

また、目の周囲は内出血が起こりやすいため、慎重に施術を行なってくれる医師を選ぶことが重要です。

ボトックス注射で満足度の高い効果を得たい方は、豊富な経験と知識をもった医師のもとで施術を受けることをおすすめします。

目尻ボトックス注射はクリスティーナクリニックにお任せください

目尻ボトックスは、以下の2点が魅力のクリスティーナクリニックにお任せください。

・ボトックスビスタ®を取り扱っている

・症例件数が多い

それぞれ詳しく解説します。

魅力①ボトックスビスタ®を取り扱っている

当クリニックでは、アラガン社製のボトックスビスタ®を取り扱っています。

ボトックスビスタ®は、日本国内で唯一製造販売の承認を取得しているボツリヌストキシン製剤です。

そのため、医師は研修を受けなければ取り扱うことができません。

毎年の更新試験もあります。

勉強会や学会などで日々知識のアップデートがなされていますので、ボトックスビスタを取り扱っているクリニックは安全度および信頼度が高いと言えるでしょう。

魅力②症例件数が多い

当クリニックはボトックス注射の年間症例数が2,000件以上と高い実績があります。

多くの実績があるからこそ、患者様一人ひとりの悩みに応じた適切な施術プランを提案することができます。

目尻や目の下のボトックスに対して不安をお持ちの方は、経験豊富な医師が在籍する当クリニックにお任せください。

【まとめ】目尻ボトックスは注入の仕方で不自然さを防げる

目尻や目の下は毛細血管が豊富で内出血が生じやすいため、ボトックス注入の際、医師は細心の注意を払う必要があります。

また施術後の不自然さを防ぐためには、ボトックスに熟知した医師のもとで適切な施術を受けることが重要です。

記事監修医プロフィール

CHRISTINA CLINIC銀座(クリスティーナクリニック銀座)

URL:https://christina-clinic.com

院長 / 松島桃子

初期研修終了後、NTT関東病院麻酔科、TIクリニック(美容皮膚科)等を経て、2018年にCHRISTINA CLINIC銀座の院長に就任。2016度よりアラガン施注資格認定医。
CHRISTINA CLINIC銀座は特に「小顔」「痩身」「美肌」に力を注いでおり、「切らずに」「すぐに効果が期待できる」施術をメインに提供しております。2020年3月には、「JeisysAward2019」にて、医療ハイフ年間施術数日本一のクリニックとして表彰されました。

今月のキャンペーン

  • 医療用ウルトラセルハイフ
  • トーニング
  • ヒアルロン酸
  • 脇ボトックス
  • 水光注射
  • ウルトラセルQ+ハイフ(リニア)
  • 美肌注射
  • 次世代脂肪溶解注射 プロストロレーンインナーB
  • ハイフ&ポテンツァ
  • 究極の痩身マシーン 脂肪を撃退!リポセルあて放題!全身スリム化計画
  • ご家族ご友人ご紹介キャンペーン