CHRISTINA COLUMN

コラム

目尻のボトックスのデメリットや注意点を解説|期待できる効果も紹介

年齢と共に増える目尻や目の下のシワにお悩みの方は多いのではないでしょうか。

ボトックス注射は、シワの改善に効果が期待できる施術です。

しかし、目元は皮膚が薄く、血管も豊富なため、施術の際は細心の注意が必要です。

本記事では、目尻ボトックス注射のデメリットや注意点を解説します。

併せて期待できる効果も紹介しますので、施術を検討中の方はぜひ参考にしてください。

目尻ボトックス注射に期待できる効果

目尻にボトックスを注入することで、以下の効果が期待できます。

・目尻のシワ(カラスの足跡)の改善

・たれ目を演出

・目を大きく見せる

ボトックスはシワの改善だけでなく、目の印象を変えたい方にも効果的です。

それぞれ具体的に解説していきます。

目尻のシワ(カラスの足跡)の改善

目尻から放射線状に広がるシワは「カラスの足跡」と呼ばれ、徐々に深く刻まれていきます。

ボトックス注射で、眼輪筋(がんりんきん)という目周りの筋肉の動きを抑えることで、目尻の表情ジワの改善が見込めます。

たれ目を演出

下瞼の眼輪筋にボトックスを注入すると筋肉の動きが弱まり、下瞼のラインが下がることでたれ目を演出できます。

同時に目の面積も広がるため、白目が大きく見えて愛らしい印象に近付くことができるでしょう。

目を大きく見せる

ボトックス注射で眉毛を下げる筋肉の力を弱めることで、眉毛の位置を高くします。

ブローリフトと言って、つり上げ眉を好む方に適しています。

僅かな変化ではありますが、目元を大きく見せる効果が期待できます。

目尻ボトックス注射のデメリット

目尻ボトックスは、さまざまな効果が期待できる一方で、以下のようなデメリットも存在します。

・内出血や腫れなどの症状が生じることがある

・シワの種類によって改善が見込めない人もいる

・医師の技術により仕上がりに差が出る

これらのデメリットを具体的に解説しますので、デメリットを理解したうえで、施術を検討しましょう。

内出血や腫れなどの症状が生じることがある

目周囲は皮膚が薄いため、内出血や腫れなどの症状が生じるリスクが他の部位と比べて高いです。

これらの症状は時間の経過とともに消失するため過度に恐れる必要はありませんが、細心の注意を払って施術を行ってくれる医師を選ぶことが重要です。

シワの種類によって改善が見込めない人もいる

ボトックスは筋肉の動きを弱める作用です。

そのため、表情筋が活発に動くことでできるシワの改善が見込めます。

一方、肌の乾燥や紫外線の影響などによって生じたシワには、改善が見込めません。

その場合は、ヒアルロン酸注射や成長因子注射など悩みに応じた適切な施術方法がありますので、まずはカウンセリングで肌状態の診察を受けることをおすすめします。

医師の技術により仕上がりに差が出る

目周囲は顔の中でも特にデリケートな部位です。

万が一、ボトックスの注入量が多かったり、注入場所を誤ったりすると、表情に違和感が生じる恐れがあります。

これらは、医師の技術力でリスクを最小限に抑えられるため、信頼のおける医師のもとで施術を受けることが大切です。

クリニック選びは慎重に行いましょう。

目尻ボトックス注射の注意点

目尻ボトックスを受ける際の注意点は、以下のとおりです。

・施術後は血行を促す行動を控える

・定期的な注入が必要

・施術後は避妊が必要

施術を受ける前に、注意点をしっかり把握しておきましょう。

施術後は血行を促す行動を控える

ボトックス注射後の肌はとてもデリケートな状態です。

激しい運動・サウナ・過度な飲酒などによって血行が促されると、赤みや腫れを引き起こす恐れがあります。

そのため、施術当日は安静に過ごすことをおすすめします。

定期的な注入が必要

ボトックスの効果は永久的ではありません。

効果を維持したい方は追加注入が必要です。

効果の持続期間は一般的に3か月ほどですが、注入の目安は個人差や部位によっても異なります。

ボトックスの効果が薄れてきたと感じたら、医師の診察を受けることをおすすめします。

ただし、より高い効果を得たいと考えて頻繁に注入すると、抗体ができて効きにくくなることがあるので注意が必要です。

施術後は避妊が必要

目尻ボトックスに限らず、ボトックス注入後は避妊が必要です。

ボトックスが胎児へどの程度影響を与えるか明確には分かっていません。

そのため、妊活中の方はパートナーと話し合い、優先順位を決めると良いでしょう。

最適なボトックスの注入時期やタイミングなどは、カウンセリングの際に医師にご相談ください。

目尻ボトックスはクリスティーナクリニックにお任せください

目尻ボトックスはクリスティーナクリニックにお任せください。

ボトックス注射と一口に言っても、患者様の悩みはさまざまで、シワの形状・体質も異なります

それらを踏まえたうえで、適切な施術をご提案させていただきます。

当クリニックではボトックスの製剤元「アラガン社」が定める認定医が在籍しており、定期的に行われる研修やセミナーを通して、最新の技術を学んでいます。

また、年間症例数が2,000件以上あり、日々多くの患者様に施術を提供しています。

目尻のボトックスに興味をお持ちの方は、ボトックスに精通した当クリニックにお気軽にご相談ください。

【まとめ】トラブルを避けるために正しい知識を持つことが大切

目尻ボトックスに限らず、美容医療を受ける際は、まずはご自身で正しい知識を身につけることが大切です。

そのうえで、クリニックや医師を慎重に選ぶと満足いく効果を得ることができるでしょう。

カウンセリングの際に施術内容やクリニックの対応に不安を抱いた場合は、そのまま施術を受けずに帰宅してから十分に検討することも大切です。

目尻のボトックス注射に興味がある方は、本記事を参考にデメリットを踏まえたうえで施術を検討してみてはいかがでしょうか。

記事監修医プロフィール

CHRISTINA CLINIC銀座(クリスティーナクリニック銀座)

URL:https://christina-clinic.com

院長 / 松島桃子

初期研修終了後、NTT関東病院麻酔科、TIクリニック(美容皮膚科)等を経て、2018年にCHRISTINA CLINIC銀座の院長に就任。2016度よりアラガン施注資格認定医。
CHRISTINA CLINIC銀座は特に「小顔」「痩身」「美肌」に力を注いでおり、「切らずに」「すぐに効果が期待できる」施術をメインに提供しております。2020年3月には、「JeisysAward2019」にて、医療ハイフ年間施術数日本一のクリニックとして表彰されました。

今月のキャンペーン

  • 医療用ウルトラセルハイフ
  • トーニング
  • ヒアルロン酸
  • 脇ボトックス
  • 水光注射
  • ウルトラセルQ+ハイフ(リニア)
  • 美肌注射
  • 次世代脂肪溶解注射 プロストロレーンインナーB
  • ハイフ&ポテンツァ
  • 究極の痩身マシーン 脂肪を撃退!リポセルあて放題!全身スリム化計画
  • ご家族ご友人ご紹介キャンペーン