CHRISTINA COLUMN

コラム

ボトックスは治療を始めたらやめられない?効果を持続させる方法も解説

ボトックス注射は、しわやエラの改善、多汗症の治療など、さまざまな部位のお悩みに適した施術です。

ダウンタイムがほとんどなく、薬剤を注入するのみで終了するため、気軽に受けられる施術として人気があります。

しかし、ボトックス注射は継続治療が必要である施術のため、ボトックスを始めたらやめられないのか、治療をやめたら症状が悪化するのか気になるポイントではないでしょうか。

本記事では、ボトックス治療は途中でやめられないのか、また、効果を持続させる方法などについても解説します。

ボトックス治療を検討している方は、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

ボトックスは治療を始めたらやめられないの?

ボトックス治療は、途中で治療をストップすることも可能です。

ただし、継続して治療を受けなければ効果は徐々に消失します。

ボトックス治療によるしわなどの改善効果は半永久的ではなく、3か月前後で徐々に効果が薄れ始めます。

そのため、治療の継続をストップすると、徐々に治療を始める前の状態に戻るでしょう。

ボトックス注射の治療をストップしたからといって症状が悪化することはないため、安心してください。

治療効果を継続させたい場合は、定期的な施術が必要です。

ボトックスを打ち続けたらどうなる?

ボトックス注射の治療を続けても、身体に害はありません。

そのため、治療効果の継続を望むのであれば、定期的に治療を受けると良いでしょう。

しかし、あまりに頻繁にボトックス治療を受けた場合、身体に抗体ができてしまい、治療の効果が薄れる可能性があります。

治療の効果を弱めないためには、治療頻度や薬剤の投入量の見極めが大切です。

医師と相談しながら治療頻度を決めていくようにしてください。

ボトックスの効果はどれくらい続く?

ボトックス注射の効果は、施術後すぐには感じられないケースが多いでしょう。

効果があらわれるタイミングと、効果の持続期間について解説します。

効果があらわれるのは、治療後2~3日経ってから

ボトックス注射の効果は、治療後2~3日経ってからあらわれ、2週間程度でピークを迎えます。

治療後のダウンタイムはほとんどありません。

薬剤の注入に針を使用するため、針の跡や赤み、軽度の腫れが残る可能性がありますが、数日程度で自然に消失します。

ボトックスの効果は3~4か月程度続く

ボトックス注射による効果は、平均して3〜4か月程度続きます。

継続して効果を得たい場合は、3か月程度ごとに施術を受けると良いでしょう。

より高い効果を得ようと、治療間隔を短くするのはおすすめしません。

短い間隔で治療を受けると、効果が出すぎてしまうばかりか、ボトックス注射に対する抗体ができてしまい、効果が出づらくなってしまいます。

信頼した医師におすすめされた治療頻度を守って施術を受けることが大切です。

ボトックス注射は失敗することがある?

ボトックス注射は、薬剤が効きすぎてしまうことなどによって、失敗する可能性もあります。

よくある失敗例は、以下の通りです。

・眉毛が吊り上がる

・表情が作りづらい

・まぶたが重くなる

・肌がデコボコになる

ボトックス注射による失敗は、時間の経過とともに元通りに戻ります。

しかし、一時的とはいえ、顔が動かしづらくなったり、見た目に支障が出たりするのは辛いものです。

ボトックス注射の経験が豊富な医師であれば、患者様の筋肉や表情の癖を見抜いて、上記の失敗を避けられる可能性が高くなります。

失敗を避けるには、医師の技術力やボトックス注射の経験を確認することが大切です。

ボトックスの効果を持続させるためには

ボトックス注射の効果を持続させるためには、下記の4つが大切です。

・施術部位をマッサージしない

・運動や長風呂を避ける

・使用する薬剤をチェックする

・定期的にボトックス治療を受ける

上記のポイントについて解説します。

施術部位をマッサージしない

ボトックス注射の施術後は、施術部位をマッサージしないようにしてください。

注入された薬剤は、安定するまでに時間がかかります。

施術箇所をマッサージしたり強い刺激を与えたりすると、薬剤が広がってしまい、期待した効果が得られない可能性があります。

施術後数日間は、施術箇所を触らず薬剤が安定するのを待ちましょう。

顔に施術した場合は、スキンケアも優しくおこなうようにしてください。

運動や長風呂を避ける

ボトックスは、熱に弱い特性があります。

そのため、施術後数日間は長風呂やサウナに入るのはやめておきましょう。

また、激しい運動も避けてください。

薬剤の効果が充分に発揮できなくなる可能性があります。

そのほかにもクリニックから伝えられた注意事項をしっかり守って生活するようにしてください。

使用する薬剤をチェックする

ボトックス注射で使用される薬剤には、複数の種類があります。

薬剤はアメリカ製、中国製、韓国製などさまざまですが、日本国内で厚生労働省が認可している薬剤は、アメリカのアラガン社が製造しているボトックスビスタのみです。

ボトックスビスタは他の薬剤に比べて価格が高い傾向にありますが、安全性が高く、効果が長持ちしやすい薬剤です。

施術メニューを決める際には、価格だけでなく薬剤の種類もチェックすることをおすすめします。

定期的にボトックス治療を受ける

ボトックス注射の施術は、定期的に受けるのがおすすめです。

ボトックス注射は、治療回数を重ねると、治療の効果が長く続きやすくなると言われています。

治療頻度と回数は自己判断せずに、医師と相談して決めるようにしてください。

ボトックス治療なら、クリスティーナクリニックにお任せください

ボトックス注射の施術を検討している方は、クリスティーナクリニックがおすすめです。

クリスティーナクリニックは、ボトックス治療の症例が年間で2,000件以上あり、腕の確かな医師が多数在籍しています。

薬剤は厚生労働省で承認されているボトックスビスタを使用しているため、安全性が高い治療が受けられます。

ボトックス治療を検討している方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

【まとめ】ボトックス注射はやめても大丈夫!効果を持続させたいなら定期通院を

ボトックス注射は、途中で突然やめても害があるものではありません。

ただし、治療をストップすると、抑制されていた筋肉が再び動き出すため、もともとあった症状が徐々に目立ってくるようになるでしょう。

ボトックス注射をやめたからといって、症状が注射を打つ前より悪化することはないため安心してください。

ボトックス注射の効果を長く持続させるためには、技術力の高い医師の元で治療を受けることが大事です。

また、使用する薬剤の確認や、治療後の生活も、クリニックに言われたことを守って生活すれば、効果が長続きする可能性が高まります。

価格の安さだけでクリニックを選ばず、安全性や技術力も確認して治療を受けるようにしてみてください。

今月のキャンペーン

  • 水光注射
  • POTENZA
  • リポセル
  • 人中短縮ボトックス注射
  • 人参注射
  • 輝肌注射
  • ハイフ&ポテンツァ
  • 究極の痩身マシーン 脂肪を撃退!リポセルあて放題!全身スリム化計画
  • ご家族ご友人ご紹介キャンペーン

記事監修医プロフィール

CHRISTINA CLINIC銀座(クリスティーナクリニック銀座)

URL:https://christina-clinic.com

院長 / 松島桃子

初期研修終了後、NTT関東病院麻酔科、TIクリニック(美容皮膚科)等を経て、2018年にCHRISTINA CLINIC銀座の院長に就任。2016度よりアラガン施注資格認定医。
CHRISTINA CLINIC銀座は特に「小顔」「痩身」「美肌」に力を注いでおり、「切らずに」「すぐに効果が期待できる」施術をメインに提供しております。2020年3月には、「JeisysAward2019」にて、医療ハイフ年間施術数日本一のクリニックとして表彰されました。