クマに関するお悩み

クマに関して

目の下は体の皮膚の中でも特に薄い組織です。
睡眠不足・疲労・ストレスによるうっ血などで、目の下に血液が溜まって黒ずみ、皮膚にメラニン色素が残った状態をクマといいます。
クマにも種類があるため種類にあった、より丁寧な治療が必要です。
30代以上の女性の3人に1人が目の下の『クマ』を気にしていると言われています。
目の下にクマがあると顔全体の印象を暗くし、疲れているような老けた印象を与えてしまいます。
まずはクマの原因が何かを診察し、症状に合った治療法をご提案させていただきます。

  • 青クマ

    原因は寝不足やストレス、目の疲れが蓄積したために血行不良を起こしていると考えられます。
    皮膚の薄い目の下に血液が溜まることで、血管が透けて青く見えるのです。

  • 茶クマ

    原因は目の下に溜まったメラニン色素の沈着です。
    紫外線などで増強する場合や、目をこすったりメイクの加減で摩擦が起こったりするのも茶クマの原因でもあります。

  • 茶クマ

    原因は目の下に溜まったメラニン色素の沈着です。
    紫外線などで増強する場合や、目をこすったりメイクの加減で摩擦が起こったりするのも茶クマの原因でもあります。

  • たるみによるクマ

    原因は目の下の脂肪が浮き出ているために、段差ができ影のように見える症状です。
    老化による皮膚のたるみによってもクマの原因になります。

  • くぼみによるクマ

    原因は老化により目の周りが痩せ、頬が落ちることで凹んでしまった箇所がクマのように影を作ります。
    目の下の痩せてしまった部分をふっくらとさせることによって解消することができます。