にきび・にきび跡に関するお悩み

赤みのあるにきび(思春期のにきび)

9~18歳頃に子供の体から大人へとかわる「第二次性徴」によるホルモンバランスの変化によってできます。
ホルモンがにきびの原因になる皮脂の量を増やし、その皮脂をエサにアクネ菌が増殖し毛穴が詰まり、にきびの原因となります。

白いにきび(アダルトにきび)

大人になってからできるにきびには、様々な原因があります。
ストレスや肌の乾燥、生活習慣の乱れといわれています。
ストレスに抵抗するために男性ホルモンが多く分泌されるようになると皮脂の量が増えます。
また、ターンオーバーが乱れ角質が厚くなることによって毛穴を塞ぎ、にきびの原因となります。
これが茶色や黒っぽく見えるシミの正体なのです。