CHRISTINA COLUMN

コラム

ヒアルロン酸注入で叶えられる唇のデザインは?美しい唇の比率も紹介

唇のボリュームアップが期待できるヒアルロン酸注入ですが、単にボリュームアップを目指せるだけでなく、M字リップやスマイルリップなどデザインを選ぶことができます。

本記事では、唇のヒアルロン酸注入で再現できるデザインについて紹介します。

ヒアルロン酸注入を受けるうえで気をつけたいポイントも解説しているので、興味がある方はぜひ参考にしてください。

美しい唇のデザインとは?

一般的に美しいと言われている唇の厚さの黄金比は、「上唇:下唇」=「1:1.3〜1.5」です。

一方で、唇全体の黄金比は、「縦:横」=「1:3」とされています。

あくまでも目安ではありますが、美しい唇を目指したい方は比率を参考にするのがおすすめです。

また黄金比に加えて、下記の項目を得るとより美しい印象を相手に与えることができます。

・唇がふっくらとしている

・口角が上がっている

・唇の縦ジワが少ない

唇のヒアルロン酸注入を検討している方は、黄金比などを参考にデザインを決めることがおすすめです。

唇へのヒアルロン酸注入に期待できる効果

唇へのヒアルロン酸注入は、単にボリュームアップだけではありません。

M字リップやスマイルリップなど理想のデザインに形成することができます。

さらにヒアルロン酸は、保水力に優れた成分であるので保湿効果も期待できます。

ヒアルロン酸の保湿効果によって唇がうるおい、縦ジワが目立たなくなるため、乾燥に悩んでいる方にもおすすめの施術です。

ヒアルロン酸注入で叶えられる唇のデザイン

ヒアルロン酸注入で叶えられる唇のデザインは、下記があげられます。

・ボリュームアップ

・M字リップ

・スマイルリップ

・人中短縮(Cカール)

希望のデザインを医師に伝える際は、口頭の説明に加えて写真がおすすめです。

写真を見せることで、より具体的にイメージを伝えることができるでしょう。

ここからは、ヒアルロン酸注入で叶えられるデザインについて詳しく解説していきます。

ボリュームアップ

上下の唇にヒアルロン酸を注入し全体的にボリュームを出すことで、薄い唇や加齢によって失われたボリュームを増やすことが可能です。

またそれに伴い、若々しい印象かつセクシーな唇を目指すことができます。

なかには「ヒアルロン酸を入れすぎるとタラコ唇になるのでは?」と不安を抱いている方もいるでしょう。

基本的にヒアルロン酸注入は、適切な量を注入すれば不自然な唇になることはありません。

M字リップ

上唇の山(キューピッド・ボウ)をはっきり見せたい方には、M字リップがおすすめです。

M字リップは、従来は外科的手術が必要でした。

しかし、唇の山の部分にヒアルロン酸を注入することで、きれいなM字リップを手に入れることが可能です。

スマイルリップ

スマイルリップは、口角にヒアルロン酸を注入し、口角をキュッと上げた状態に仕上げる施術です。

真顔の状態でも自然に口角が上がった状態になるため、柔らかい印象を相手に与えることができます。

口周りの筋肉の状態によって、ヒアルロン酸だけでは改善が難しいことがありますが、その場合はボトックスを併用することでより高い効果を期待できます。

人中短縮(Cカール)

人中とは、上唇と鼻の間のことを指し、短い方が若々しい印象を与えると言われています。

一般的に人中短縮は外科的手術が主流のため、費用やダウンタイムの長さが難点です。

しかし、ヒアルロン酸で上唇に厚みを加えて、上向きに仕上げることで人中短縮を期待できます。

また唇にボリュームがでることで、横から見た際に人中がCラインを描くことから「Cカール」とも呼ばれています。

「外科的手術に抵抗があるけれど、人中短縮をしたい」といった方は、ヒアルロン酸注入を検討するのが良いでしょう。

唇ヒアルロン酸注入を受けるうえで気をつけるべきポイント

唇へのヒアルロン酸注入は、美容医療のなかでは手軽な施術です。

しかし、少なからずリスクが伴ううえに、医師のスキルによっては満足いかない結果につながる可能性もあります。

・注入しすぎない

・リスクや副作用について理解をしておく

・信頼できる医師やクリニックで受ける

満足いく結果を得るために、事前に上記を把握しておきましょう。

以下に詳しく解説していきます。

注入しすぎない

唇をボリュームアップさせたいからといって、ヒアルロン酸の注入量を欲張らないようにしましょう。

ヒアルロン酸の種類によっては、体内の水分を吸収して施術後に膨らみを増すことがあります。

そのため、医師とよく相談し、適切な注入量を選択しましょう。

リスクや副作用について理解をしておく

ヒアルロン酸注入には、腫れや傷跡、内出血などの副作用が伴います

また、稀ではありますが、血管閉塞といった重篤な症状を起こす可能性があることも理解しておきましょう。

万が一、術後に異変を感じた場合は、速やかにクリニックへ相談してください。

信頼できる医師やクリニックで受ける

クリニックや医師を選ぶ際は、実績が豊富で症例が自然であるかを確認しましょう。

実績が豊富なクリニックは、施術の満足度が高い傾向があります。

他にも口コミや評判を参考にするのも良いでしょう。

クリスティーナクリニックでは一人ひとりに合ったデザインを提案します

唇ヒアルロン酸を検討している方は、クリスティーナクリニックへご相談ください。

当クリニックでは似合わせデザインを提案したうえで、患者様の要望に沿い、納得できるまですり合わせを行うため、ヒアルロン酸注入が初めての方でも安心して施術を受けることができます。

また当クリニックでは、無料でマイクロカニューレを使用しています。

マイクロカニューレを使用することで、内出血のリスクを軽減できます。

当クリニックのヒアルロン酸注入が気になる方は、ぜひ一度カウンセリングにお越しください。

唇へのヒアルロン酸注入はデザインと注入量が重要なポイント!

唇へのヒアルロン酸注入は、ボリュームアップ以外にもM字リップやCカールなどいくつかのデザインがあります。

口角をあげたり、人中を短縮したりなど手軽に悩みの改善を目指せるため、ダウンタイムの少ない施術を検討している方におすすめです。

医師とよく相談し、適切な注入量を選択することが自然な仕上がりを目指すポイントです。

記事監修医プロフィール

CHRISTINA CLINIC銀座(クリスティーナクリニック銀座)

URL:https://christina-clinic.com

院長 / 松島桃子

初期研修終了後、NTT関東病院麻酔科、TIクリニック(美容皮膚科)等を経て、2018年にCHRISTINA CLINIC銀座の院長に就任。2016度よりアラガン施注資格認定医。
CHRISTINA CLINIC銀座は特に「小顔」「痩身」「美肌」に力を注いでおり、「切らずに」「すぐに効果が期待できる」施術をメインに提供しております。2020年3月には、「JeisysAward2019」にて、医療ハイフ年間施術数日本一のクリニックとして表彰されました。

今月のキャンペーン

  • 医療用ウルトラセルハイフ
  • トーニング
  • ヒアルロン酸
  • 脇ボトックス
  • 水光注射
  • ウルトラセルQ+ハイフ(リニア)
  • 美肌注射
  • 次世代脂肪溶解注射 プロストロレーンインナーB
  • ハイフ&ポテンツァ
  • 究極の痩身マシーン 脂肪を撃退!リポセルあて放題!全身スリム化計画
  • ご家族ご友人ご紹介キャンペーン