CHRISTINA COLUMN

コラム

ダーマペンは目の下のお悩みに効果を発揮!施術の注意点も合わせて解説

「目の下のたるみやクマをなんとかしたい」「ダーマペンを受ければ目の下の肌トラブルを改善できるの?」と考えている方もいるでしょう。ダーマペン治療は、さまざまな肌悩みに効果を発揮してくれるため、気になっている方も少なくないかと思います。しかし、ダーマペンの施術は必ず良い結果だけが得られるとは限りません。施術を受けることで目の下の肌トラブルが悪化する可能性もあるのです。目の下の肌トラブルに効果を発揮し、納得のいく仕上がりにするためにも、施術を受ける際の注意点を知っておくことが大切です。

ダーマペンとは

ダーマペンとは髪の毛よりも細い針で皮膚に穴を開けることで、人間が本来持つ自然治癒力を高め、肌を生まれ変わらせる施術です。肌に一時的にダメージを与えることで再生力を促し、肌トラブル改善へと導きます。さまざまな肌悩みに対して効果を発揮するダーマペン治療は、目の下の頑固なクマやたるみなどにもアプローチしてくれます。年齢を重ねるごとに、肌に必要なコラーゲンやエラスチンの生成量は少なくなっていきます。すると肌にハリや弾力がなくなっていくため、クマやたるみなどの症状がどんどん悪化していきます。ダーマペン治療は、コラーゲンの生成を促すようアプローチするので、アンチエイジング効果が期待できます。

ダウンタイムが少ない

ダーマペンは美容外科施術と比べてダウンタイムが少ないのが特徴です。顔が大きく腫れ上がったり、凹凸ができたりする可能性はほとんどないので、安心して受けられます。しかし、少なからずダーマペンにもダウンタイムはあります。人によって個人差はあるものの、赤みや腫れ、内出血などの症状が出ることが多いです。とは言え、数日もしくは1週間程度で症状が治まることがほとんどです。

ダーマペンで効果が期待できる目の下のお悩み

ダーマペンはさまざまな肌悩みに効果を発揮してくれる施術です。多くの方が悩んでいる目の下のトラブルにも、アプローチが見込めます。具体的にどのような効果が期待できるのか以下にまとめます。

目の下のシワ

目の下のシワで悩んでいる方は多いでしょう。ダーマペンは目の下のシワに対してもアプローチしてくれます。特に効果的なのは、表面に出てくる細かなシワです。肌の表面に現れる細かいシワは、肌のハリや弾力が低下することでできるものです。ダーマペンで肌の生まれ変わりを促すことで、表面にできた細かいシワを目立たなくさせる効果が期待できます。目回りのシワは目立ちやすく年齢がでやすい場所なので、ダーマペンでコラーゲンの生成を促し、シワを目立たなくさせることで若々しさを得られるでしょう。

目の下のたるみ

年齢を重ねるごとに重力に負けて皮膚が下がっていくため、目の下にたるみができてしまいます。年齢を重ねると肌の弾力やハリを作るために必要なコラーゲンやエラスチンの生成量が減っていきます。弾力がなくなると、重力に負けずに肌を持ち上げる力も低下していくので、目の下にたるみができてしまうのです。目の下にたるみがあるだけで実年齢より上に見えてしまいますし、元気がないような印象を与えてしまいます。ダーマペン治療で肌にハリや弾力がでることで、目の下のたるみの改善効果が期待できます。

黒クマ

ダーマペンは頑固な目の下の黒クマに対してもアプローチしてくれます。ダーマペンで肌の生まれ変わりを促すことで、肌のくすみや色素沈着が薄くなっていきます。クマがあるだけで疲れた印象に見えますし、実年齢より上に見られることもあるでしょう。ダーマペン治療で肌を再生することで、生き生きとした目回りを手に入れることが可能です。

目元のダーマペンを受ける際の注意点

目の下のお悩みに対してダーマペン治療を受けるときは、注意しなければいけないポイントがいくつかあります。納得のいく仕上がりにするためにも、まずはどのような注意点があるのか把握しておきましょう。

痛みに弱い場合は事前に相談

ダーマペンは美容医療の中でも痛みが少ない施術ですが、それでも針を使用するので痛みを感じます。麻酔クリームを数十分塗布してからダーマペン施術をするクリニックがほとんどです。麻酔クリームを塗布をすると痛みを最小限にできるので、痛みに敏感な方でも安心して施術を受けられます。

術後にダウンタイムが生じる

先述しましたが、ダーマペン治療は美容外科施術と比べるとダウンタイムが少ないのが特徴です。しかし、ダウンタイムが何もないわけではありません。個人差があるものの、赤みや腫れ、内出血などの症状が現れます。術後にどのようなダウンタイムが生じるのかを把握しておかないと、「失敗してしまった」と不安を感じてしまいます。ダウンタイムでどのような症状が現れるのか、事前に把握しておきましょう。ダウンタイムの症状は数日〜1週間程度で収まることがほとんどです。万が一、1週間たっても症状が治まらない場合は、施術を受けたクリニックに相談しましょう。

肌に刺激を与えない

施術後はお肌がとてもデリケートな状態になっています。摩擦、乾燥などの刺激が加わりやすくなっているので、十分に注意しなければいけません。施術後は保湿ケアを徹底しましょう。毎日のスキンケアでは、保湿を心がけることがポイントです。ワセリンなどでお肌を保護するのも良いでしょう。施術をしてから1週間程度は刺激に敏感な状態なので、いつもより丁寧にお手入れすることが大切です。

激しい運動や長時間の入浴は避ける

術後は激しい運動や長時間の入浴など、体温を上昇させる行動は避けてください。体温が上がったり血流が促されると、赤みや腫れなどダウンタイムの症状が長くなる場合があります。通常だと3日程度で治まる症状も、1週間以上続いてしまう可能性があります。本来ダウンタイムが少ない施術と言えど、施術後の行動次第で症状がひどくなってしまう場合もあるので注意しなければいけません。

徹底した紫外線対策

施術後はお肌が紫外線の影響を受けやすくなっているので、徹底した対策をとることが大切です。紫外線対策を怠ると、赤みが強くでたり、色素沈着になったり、肌悩みが大きくなってしまう可能性があります。施術直後の日焼け止めクリームはお肌に負担がかかる場合があるので、できれば日傘や帽子などを使って対策するのが良いでしょう。日焼け止めクリームを使う際は、添加物が配合されていないものがおすすめです。少し外に出る際でも怠らず紫外線対策をするように心がけてください。

目の下の肌トラブルで悩んでいるならダーマペンが効果的!

目の下のシワやクマ、たるみで悩んでいるなら、ダーマペンの施術がおすすめです。肌に穴を開けて自然治癒力を促すことで肌が新しく生まれ変わり、美肌を目指すことができます。目の下のお悩みに効果を発揮してくれるダーマペン治療ですが、良い点だけではなくリスクもあります。どのようなリスクがあるのか把握した上で、施術を受けるか判断することが大切です。

今月のキャンペーン

  • ヘラス ストロング【10日分】×切らない脂肪吸引リポセル【20分打ち放題】
  • 選べるピーリング3種とレーザートーニング
  • ・ボトックス(小鼻・口角アップ・ガミースマイル・人中・バニーライン・アゴ)・ホワイトイン・アイバックソリューション・サーモン注射手打ち0.5cc
  • 医療脱毛キャンペーン
  • 脂肪溶解注射100ccチケット
  • 医療ハイフキャンペーン

記事監修医プロフィール

CHRISTINA CLINIC銀座(クリスティーナクリニック銀座)

URL:https://christina-clinic.com

院長 / 松島桃子

関越病院での研修、多摩南部病院麻酔科、TIクリニック(美容皮膚科)等を経て、2018年4月にCHRISTINA CLINIC銀座の院長に就任。
CHRISTINA CLINIC銀座は特に「小顔」「痩身」「美肌」に力を注いでおり、「切らずに」「すぐに効果が期待できる」クリスティーナクリニック銀座独自の施術は、多くの芸能人やモデルの方に支持されている。2020年3月には、「JeisysAward2019」にて、医療ハイフ年間施術数日本一のクリニックとして表彰されている。