CHRISTINA COLUMN

コラム

ダーマペンは失敗すると肌荒れが起きる?肌荒れを防ぐためにできるポイント

「ダーマペンで美肌が目指せるって聞くけど、安全なの?」「失敗することはあるの?」と気になっている方も多いでしょう。ダーマペン治療は、ニキビ跡やシワ、たるみなどさまざまな面で効果を発揮してくれます。芸能人のような憧れの美肌を手に入れられる可能性をもつのがダーマペン治療です。しかし、すべてのケースで施術後に満足感を得られるわけではありません。ダーマペンの施術は繊細な技術が必要になるので、失敗するリスクもあるのです。後から後悔しないためにも、ダーマペンの施術においてどのような失敗例が考えられるか把握しておくことが大切です。今回はダーマペンの施術で考えられる失敗例や失敗を避けるポイントなどをご紹介します。

ダーマペンとは

ダーマペンとは髪の毛よりも細い針で皮膚に穴を開けることで、人間が本来持っている自然治癒力を高めて美肌を目指す施術です。針を使用して一時的にダメージを与えることで、肌の内部にある繊維芽細胞が修復しようと活発に働くようになります。再生力が強く働くので肌が新しく生まれ変わり、美肌を目指せるのです。頑固なニキビ跡や黒ずみ毛穴に対しても改善効果が期待できます。

ダーマペンの失敗例

ダーマペンはさまざまな肌悩みに対して効果を発揮してくれますが、失敗するリスクもあります。ダーマペンは繊細な技術が必要なため、未熟な医師や看護師が担当すると失敗してしまう可能性があるのです。ここからは、ダーマペンでの施術でどのような失敗が考えられるか見ていきましょう。

ニキビの悪化

ニキビを改善したいと思って施術を受けたのに、症状が悪化してしまう場合があります。まず、炎症が強いニキビを潰してしまうと、菌が広がって別の場所に症状が現れる可能性があります。また、ニキビの症状がひどい場合は、ダーマペンの施術を受けることで必要以上のダメージを与え、炎症を悪化させてしまう可能性もあります。広範囲に炎症が強いニキビがある場合は、施術を受けることが可能か、医師としっかり相談することが大切です。

色素沈着

ダーマペンの施術を受けることで色素沈着が発生する場合があります。ダーマペンでは針の深さが何種類かあります。患者様の肌質や症状に合わせて針の深さを決めていくのですが、適応ではないのに深く差しすぎると色素沈着が起きる可能性があります。針の深さでの失敗を避けるためには、技術や経験が豊富な医師や看護師に担当してもらうことが大切です。そのため、クリニック選びには慎重にならなければいけません。また、施術後の肌はデリケートな状態になっています。紫外線対策を怠ると色素沈着が起きやすくなるので、十分に注意してください。

赤み・腫れ

ダーマペンのダウンタイムの症状として、赤みや腫れがあります。赤みや腫れの症状はダーマペン後のダウンタイムとして正常のことなので、失敗したわけではありません。基本的には数日または1週間以内で症状が収まることがほとんどです。ただし、まれに肌に負担がかかりすぎていた場合に、なかなか症状が治まらないことがあります。症状が治まらない場合は、すぐに医師に相談することが大切です。

内出血

ダーマペンは皮膚を針で刺していく施術ですが、血管を傷つけてしまった場合は内出血が起きる場合があります。髪の毛よりも細い針を使うので、もし生じた場合も症状はすぐに治まるでしょう。内出血が起きたからといって施術が失敗したわけではありませんが、ケアを怠ると傷口から菌が入って化膿するケースも考えられるので注意が必要です。

バリア機能の低下

肌のバリア機能の低下が起きる可能性もあります。ダーマペンは定期的に受けることで、徐々にお悩みの症状が改善していくものです。しかし、受けるタイミングを間違えると逆に肌のバリア機能が低下してしまう場合があるのです。バリア機能が低下すると、紫外線や乾燥などの負担がかかりやすくなるので、肌荒れしやすくなります。せっかく美肌を手に入れるために施術を受けたのに、逆に肌荒れが悪化する可能性があるのです。施術する期間は慎重に決めなければいけません。

効果が現れない

中にはダーマペンの施術を受けてもなかなか効果が現れない方がいます。とくにニキビ跡やクレーターにお悩みの方は、一度の施術では効果はあまり実感できない可能性の方が高いです。定期的に受けることで徐々に効果が現れていくものです。最初から高い期待を持っていくと、失敗してしまったという気持ちが強く出てしまうことも考えられます。ダーマペンで効果を実感するためには、根気強く続けることが大切です。

ダーマペンの失敗を避けるためには?

ダーマペンの失敗を避けるためには、ポイントを押さえることが大切です。ここからはダーマペンの失敗を避けるポイントをまとめていくので、参考にしてみてください。

クリニックで施術を受ける

ダーマペンの施術を受ける際は医療機関で受けましょう。近年ではダーマペンの道具が通販でも販売されており、セルフでできるようになっています。しかし、ダーマペンをセルフで行うのはとても危険です。消毒などを徹底しなければ菌が入って肌荒れを引き起こす可能性がありますし、正しく使わなければ思ったような効果も出ません。セルフで行う方が費用は安く済ませられるのですが、その分リスクが高まります。失敗を避けるためには経験や技術が豊富な医師や看護師が在籍しているクリニックで受けることが重要なポイントです。

ダウンタイムや副作用への理解

ダーマペンの施術においてどのようなダウンタイムや副作用の症状があるのか、事前に確認しておきましょう。ダーマペン治療後は、1週間程度赤みや腫れが生じる可能性が高いので、ダウンタイムを考慮して施術を受けましょう。肌に異常が現れると失敗してしまったのではないかと不安になるかもしれませんが、事前にどのような症状が現れるのか把握しておくことで、不安を軽減させることができます。

針を適切な深さに設定

ダーマペンの施術では針の深さを調節することができます。しかし、針の深さを間違えると肌トラブルが悪化する場合があるので、細かく調整しながら施術することが大切です。針の深さは患者様それぞれの肌状態で異なるので、技術や経験が豊富な医師や看護師に担当してもらうことが大切です。そのため、クリニック選びは慎重にならなければいけません。

アフターケアを念入りに行う

施術後はアフターケアの徹底が大切です。施術後は肌がデリケートな状態になっているため、紫外線や乾燥など負担がかかりやすくなります。日焼け止めクリームも肌に負担を与える可能性があるので、日傘や帽子などで紫外線対策をすると良いでしょう。また、お手入れでは保湿ケアを心がけてください。保湿をして肌を守ることで、肌荒れも予防できるでしょう。

激しい運動や長時間の入浴・飲酒は避ける

術後に激しい運動や長時間の入浴、飲酒をするのは避けてください。激しい運動や長時間の入浴などは、体温の上昇につながります。体温が上がったり、血流が促されたりすることで、赤みや腫れなどのダウンタイムの症状が悪化する可能性があります。ダウンタイムの症状が収まるまでは、体温を上昇させるような行動は控えることが大切です。

ダーマペンの失敗を避けるためにはクリニック選びが大切!

ダーマペンは正しく施術を受けることで、失敗するリスクを避けることができます。失敗するリスクを避けるためには、なんといってもクリニック選びが大切です。公式サイトで実績や症例数を調べたり、口コミを調べたりなどして信頼できるクリニックかどうかを確認することがポイントです。信頼できる医師や看護師に施術をしてもらい、理想の美肌を手に入れましょう。

今月のキャンペーン

  • ヘラス ストロング【10日分】×切らない脂肪吸引リポセル【20分打ち放題】
  • 選べるピーリング3種とレーザートーニング
  • ・ボトックス(小鼻・口角アップ・ガミースマイル・人中・バニーライン・アゴ)・ホワイトイン・アイバックソリューション・サーモン注射手打ち0.5cc
  • 医療脱毛キャンペーン
  • 脂肪溶解注射100ccチケット
  • 医療ハイフキャンペーン

記事監修医プロフィール

CHRISTINA CLINIC銀座(クリスティーナクリニック銀座)

URL:https://christina-clinic.com

院長 / 松島桃子

関越病院での研修、多摩南部病院麻酔科、TIクリニック(美容皮膚科)等を経て、2018年4月にCHRISTINA CLINIC銀座の院長に就任。
CHRISTINA CLINIC銀座は特に「小顔」「痩身」「美肌」に力を注いでおり、「切らずに」「すぐに効果が期待できる」クリスティーナクリニック銀座独自の施術は、多くの芸能人やモデルの方に支持されている。2020年3月には、「JeisysAward2019」にて、医療ハイフ年間施術数日本一のクリニックとして表彰されている。