CHRISTINA COLUMN

コラム

ダーマペンで施術間隔をあけすぎるとどうなる?継続的に通うことがベスト

ダーマペンによる施術は継続を重ねることで大きな効果が期待できます。ダウンタイムが終わり、肌の状態が十分に回復した頃が次の治療に最適な時期ですが、急な用事が入ったり、体調の問題があった場合は予約を取り消すことになります。もし施術間隔をあけすぎた場合はダーマペンの効果が減少するのではないかと不安に思われる人も多いのではないでしょうか。たしかに最適な間隔であれば効果も大きいですが、あけすぎてしまった場合でも十分な改善が期待できます。

ダーマペンは間隔をあけすぎないことが大切

ダーマペンは一度の施術でも効果がありますが、大きく実感するためには定期的に受けることが推奨されています。必要な期間や回数には個人差がありますが、5〜6回ほど受けると肌の状態が若々しく、多くの肌トラブルが解消されます。施術間隔は最初の2〜3回は3〜4週間程、そのあとは1〜2ヶ月間隔が理想です。肌が十分回復していない段階では治療が受けられませんので、修復期間をしっかり取った上で次回の治療に臨んでください。最初の2〜3回はとくに、間隔をあけすぎると元の状態に戻りやすいので、間隔をあけすぎないことが大切です。

ダーマペンの最適な間隔は施術内容によって異なる

ダーマペンの魅力の一つは針の長さを変えることによって様々な肌悩みに対応可能な点であり、針が浅めであれば傷の治りも早く、深めであれば長めの治癒期間が必要です。また施術する箇所によっても回復に必要な期間が異なり、次回の施術に適したタイミングも変わります。

施術箇所によって異なる

ダーマペンを顔全体に行う場合、パーツによって皮膚が薄い箇所があるため、その都度針の深さを適切に設定する必要があります。骨と皮膚が近い箇所に施術を行うと赤みが特に出やすい傾向があるため、回復期間がパーツによって異なる可能性が高いです。

針の長さによって異なる

ダーマペンの針の長さは0.2mm〜2.5mmまで調節可能で、治療方針や部位によって深さを変える必要があります。肌には角質層、表皮層、基底層、真皮層があり、ニキビや小ジワ・たるみに有効な角質層・表皮層は0.2mm〜、クレーターニキビや色素沈着の場合は基底層1.5mm〜、黒ずみ毛穴の改善には真皮層2.5mmへそれぞれアプローチします。ダウンタイムに要する期間は、針が深いほど長く、浅いほど短くなることが特徴です。

ダーマペンの間隔をあけすぎず治療に臨むことの利点

ダーマペンは適切な施術間隔のメンテナンスで効果を最大限に発揮できます。間隔をあけすぎず、自分に合ったペースでコンスタントに受けることが美肌への近道です。肌への負担を考慮して期間を長めに開けた方がいいのでは?と思われるかもしれませんが、間隔をあけすぎないことで多くのメリットがあるのです。

肌トラブルが解消する

肌のターンオーバーは4週間周期で行われるため、その時期に合わせて施術することで、さらなる活性化を期待できます。ターンオーバーが乱れるとシミやニキビ、色素沈着、くすみの原因となりますが、定期的にメンテナンスすることでバリア機能が整い、美肌がキープされます。次回の施術までに長期間空いてしまい、さらに肌の状態が悪化した後ですと、遠回りになることがあるため注意が必要です。

回数を重ねるごとに肌の調子が良くなる

ダーマペンの治療は肌質改善に効果がある薬液を浸透させるため、回数を重ねた分、より健康的な肌に近づけます。有効成分がコラーゲンの生成を促し、肌本来の回復力を高めることで、日々の小さな肌トラブルを未然に防ぐことに繋がります。継続する度に肌が若々しく、強く生まれ変わるでしょう。

外的な刺激に強くなる

刺激に強い肌とは、言い換えるとバリア機能・再生力が高く元に戻る力が強いことを指します。バリア機能が低下した肌はストレスや紫外線、摩擦によって簡単にダメージを受けやすいです。ダーマペンは真皮に刺激を与え、線維芽細胞を活性化させることで美肌のもととなるエラスチンやコラーゲンの生成を促進し、肌を元に戻す力を向上させます。十分に効果を実感するためには間隔をあけすぎず、定期的に施術を受けることが大切です。

ダーマペンで間隔をあけすぎないためのポイント

間隔をあけずダーマペンを受けるためのポイントは、無理なく利用を継続できるクリニックを選ぶことです。

予約の取りやすいクリニックを選ぶ

治療は最初の数回は3〜4週間に一度、その後は1〜2ヶ月に一度受けることが目安です。思いがけない理由で予約をキャンセルするしかない状況になる可能性は誰でもあります。キャンセル後、再び予約を取ろうとしても長期間枠が埋まっている場合は、ダーマペンの効果を最大に活かすことが難しいため、予約の取りやすいクリニックを選びましょう。

信頼できるクリニックを選ぶ

信頼できるクリニックとは、医師や看護師の腕が良いことだけでなく、トラブルや心配事が起こった際に相談しやすいか?という点も含みます。たとえ些細な悩みだったとしても、施術前の診断やカウンセリングで医師へ相談することで解決できる問題もあります。信頼できるクリニックを選ぶことは、継続して施術を受ける上で最も重要です。

自宅から距離が遠すぎないクリニックを選ぶ

評判が良いクリニックだとしても、自宅から離れすぎている場所であれば継続が難しくなります。一度だけの施術であれば問題ありませんが、ダーマペンは継続することで大きな効果が見込めます。また施術後は肌を紫外線などの刺激から守る必要があるため、距離が遠すぎないクリニックを選択したほうが良いでしょう。

予算に余裕をもつ

ダーマペンは繰り返し施術を受けることが推奨されていますので、回数に比例して費用がかかります。予算内でなければ途中で予算が尽きてしまい十分な結果が得られないため、事前に料金表を確認しましょう。クリニックによっては複数回分のセットメニューが用意されており、施術が割安になる場合があります。

セルフダーマペンは間隔をあけすぎていなくても危険

通販などで流通しているダーマペンは医療機関で使用している機器とは異なり、性能も非常に低い模造品です。針を用いる機器は、本来は医療機関でしか購入できません。不衛生であるため感染などの危険も伴います。効果を出すためには、最適な間隔で施術を行うことも大切ですが、クリニックで技術のある医療従事者から適切な機器で症状に適した治療を受けることが最も重要です。

まとめ

ダーマペンの効果を十分に実感するためには最適なタイミングで施術を受けることが大切ですが、もし間隔をあけすぎた場合でも大きな問題ではありません。ダーマペンは継続を重ねる度に肌の状態が改善するため、途中で治療をやめてしまうのは勿体無いです。経験豊富な医師や看護師から施術を受け、適切な間隔で治療を続けることが大きな効果をもたらします。クリスティーナクリニックでは最新型のダーマペン4や、併用すればさらに高い効果が期待できる「ヴェルベットスキン」「ウーバーピール」などを用意しています。ダーマペンについてご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

今月のキャンペーン

  • ヘラス ストロング【10日分】×切らない脂肪吸引リポセル【20分打ち放題】
  • 選べるピーリング3種とレーザートーニング
  • ・ボトックス(小鼻・口角アップ・ガミースマイル・人中・バニーライン・アゴ)・ホワイトイン・アイバックソリューション・サーモン注射手打ち0.5cc
  • 医療脱毛キャンペーン
  • 脂肪溶解注射100ccチケット
  • 医療ハイフキャンペーン

記事監修医プロフィール

CHRISTINA CLINIC銀座(クリスティーナクリニック銀座)

URL:https://christina-clinic.com

院長 / 松島桃子

関越病院での研修、多摩南部病院麻酔科、TIクリニック(美容皮膚科)等を経て、2018年4月にCHRISTINA CLINIC銀座の院長に就任。
CHRISTINA CLINIC銀座は特に「小顔」「痩身」「美肌」に力を注いでおり、「切らずに」「すぐに効果が期待できる」クリスティーナクリニック銀座独自の施術は、多くの芸能人やモデルの方に支持されている。2020年3月には、「JeisysAward2019」にて、医療ハイフ年間施術数日本一のクリニックとして表彰されている。