ほくろ・イボに関するお悩み

ほくろ・イボに関して

ホクロは、母斑細胞の増殖により表面に出現します。平らなものや盛り上がったもの、色の薄いものや濃いものなど様々です。
イボは、ウイルス感染や皮脂腺の多い部位の皮膚表面が変化してできるもので、こちらも大きさや色味など様々な種類があります。
どちらも、ごく稀に悪性のものがあるため、自己判断せず医師に診察してもらうことをおすすめしています。

ほくろの種類

ほくろには大きく分けて、単純黒子と色素性母斑の2種類がありますが、一般的なホクロは色素性母斑のことを指します。
これは母斑細胞の増殖によって、生まれたときから皮膚に存在します。
メラニン色素を産生することで、まずは”しみ”として、表面に出現します。
更に母斑細胞の数が増加すると、”ほくろ”になってきます。

ほくろの原因は、”紫外線によるメラノサイトの異常”

ほくろはしみと同じく、メラニン色素によって黒っぽく見える状態です。
ほくろの場合はしみと違い、単にメラニンの沈着だけではなく、メラニン色素とメラニンを産生するメラノサイトが一部分に増殖した状態です。
そのため、しみよりも色が濃く、触ると盛り上がりがあるものがあります。
この他にも何らかの刺激により細胞が傷つくことでほくろになる場合もあります。

イボの種類と原因

イボには、主にウイルス性のイボと、加齢によるイボがあります。
ウイルス性のイボは、感染するため早めの治療をおすすめします。
加齢によるイボは、60歳以上の方の約80%に現れます。
感染の心配はありません。体質によるものですので一度除去しても再発する可能性があります。

ほくろ・イボに適した治療