CHRISTINA COLUMN

コラム

少しずつ目立ってきた肝斑(シミ)をレーザートーニングで撃退!原因と対策について院長がわかりやすく答えます!

こんにちは。クリスティーナクリニック銀座です。

当院は、2018年6月に銀座で開院した医院・診療所です。

美容医療クリニックとして美容内科・美容皮膚科の診察・診療を受け付けています。

本日は〈肝斑の治療〉についてご紹介致します。

肝斑とは

質問者
肝斑ってなんですか?
松島院長

肝斑は、シミの1つです。

特徴としては、頬骨部、前額部、口唇のあたりに現れることが多いです。

左右対象に広がる傾向があり、境界線が不鮮明で、色も濃くなったり薄くなったりすることがあります。

肝斑ができる原因

質問者
肝斑ができる原因はなんですか?
松島院長

代表的な原因は4つあります。

・摩擦
慢性的かつ過剰な刺激が蓄積され、皮膚のバリアが破壊されてしまうことが1番の原因と言われています。なので、お肌は優しく、そして擦り過ぎないように注意しましょう!

・女性ホルモン
生理周期との関連や、妊娠時、ピルを服用している期間、さらには更年期障害となってしまった際に悪化するケースもあります。

・ストレス
強いストレスを感じた際に、お肌に影響がでる体質の方もおります。

・紫外線
強い紫外線を浴び続けることによって、症状が悪化する方もおります。

症例写真

質問者
治療の効果はどれくらいありますか?
松島院長

しっかりと治療することで、目に見える効果がでてきます!

施術リスク
毛嚢炎になる可能性がございます。
軽度の赤みが発生する場合がございます。

レーザートーニング治療について

質問者
レーザートーニング治療が効果的と聞いたのですが、メリット・デメリットを教えてください。

レーザートーニング治療のメリット

松島院長

・施術後のダウンタイムがない
シミが一時的に濃くなってしまうなどのダウンタイムがないため、直後からお好きな予定を組んでいただけます。

・1回の施術が30分前後で終わる
来院→メイク落とし→トーニング→鎮静パック→施術終了まで、約30分と非常にスムーズに終了致します。合計の回数は少し多いと感じるかもしれませんが、1回1回は、とても短時間で終了します。

・肌にハリが出る
メラニンだけではなく、毛穴の開き改善効果もあるためハリがでます。

また、鎮静パックはクリスティーナ化粧品を使用しますので、シミ改善だけではなく、肌本来の環境の改善にも繋がります。

レーザートーニング治療のデメリット

松島院長

・レーザー特有の痛み
こちらは、輪ゴムで軽く弾かれるような痛みがあります。

麻酔等を用いなくては耐えられないような痛みではないため、あまり心配していただくことはありませんが、極端に痛みに敏感な方は、カウンセリングの際にお気軽にご相談ください!

・定期的な通院が必須
週に1回の通院を10回前後繰り返していただきます。

約2ヶ月は、毎週毎週肝斑と向き合う施術の時間を作っていただかなくてはなりませんが、効果実感度がとても高い施術ですので一緒に頑張っていきましょう!

クリスティーナクリニック銀座のアクセス情報について

下記の記事では、クリスティーナクリニック銀座のアクセス情報について紹介しています。
はじめてクリスティーナクリニック銀座に向かう方や検討をされている方で、住所や電話番号といった基本的な情報を探されている方は、下記URLよりご確認ください。

今月のキャンペーン

院長紹介

CHRISTINA CLINIC銀座(クリスティーナクリニック銀座)

URL:https://christina-clinic.com

院長 / 松島桃子

関越病院での研修、多摩南部病院麻酔科、TIクリニック(美容皮膚科)等を経て、2018年4月にCHRISTINA CLINIC銀座の院長に就任。
CHRISTINA CLINIC銀座は特に「小顔」「痩身」「美肌」に力を注いでおり、「切らずに」「すぐに効果が期待できる」クリスティーナクリニック銀座独自の施術は、多くの芸能人やモデルの方に支持されている。2020年3月には、「JeisysAward2019」にて、医療ハイフ年間施術数日本一のクリニックとして表彰されている。

当院のコロナ対策