CHRISTINA COLUMN

コラム

銀座でエラボトックス注射|気になるエラ張りを撃退できる「エラボトックス注射」とは?メリットやダウンタイムについて院長がわかりやすく紹介!

こんにちは。クリスティーナクリニック銀座です。

当院は、2018年6月に銀座で開院した医院・診療所です。

美容医療クリニックとして美容内科・美容皮膚科の診察・診療を受け付けています。

本日は〈エラボトックス注射のメリットやダウンタイム〉についてご紹介致します。

エラボトックス注射とは

質問者

先生、小顔になりたいんです!

どんな施術がおすすめですか?

松島院長

では、小顔注射の中でもシャープなフェイスラインに整える事ができる「エラボトックス注射」はいかがでしょうか?

質問者

エラボトックス注射?

松島院長

実は、顔を大きく見せてしまう原因は大きく分けて2つあるんです。

1つは顎の骨そのものが突き出ている場合と、もう1つは咬筋と言われる筋肉が必要以上に発達している場合の2種類が考えられます。

質問者

どちらに当たるのかはどうやって見極められるのでしょう?

松島院長

では、奥歯をぎゅっと噛みしめて頂けますか?

質問者

こ、こうですかね?!

松島院長

はい!ありがとうございます。

鏡を御覧ください、耳の下の咬筋部分が膨らんでいますよね。

これがエラです。

質問者

なるほど、ここがエラなのですね!

松島院長

エラボトックス注射は、筋肉の動きを和らげる効果があるので、エラ張りの原因となる咬筋に直接注入することで輪郭をすっきりとさせ、シャープなフェイスラインに整える事ができます。

質問者

なるほど、私の顔が大きく見えるのは、このエラが原因だったんですね…!

てっきりほほ骨の問題だと思っていました。

エラが張る原因はどちらの方が多いのでしょう?

松島院長

エラをすっきりさせるのは骨を削って手術しないと治らないと思っている方が多いのですが、実は咬筋の発達によってエラが張っている症状の方のほうが圧倒的に多いのです

「大きな手術になるかと思っていたのに、注射だけで簡単に解消できた!」と喜んで頂ける事が多く、手軽なので、当院でも人気の高い小顔施術になっています。

エラボトックス注射の効果と持続期間

質問者

エラボトックス注射とても気になります!

でも、受けた後についても心配なんです…。

大体いつ頃から効果が出てきますか?

松島院長

エラにボトックス注射を打つと、その部分の筋肉の動きが鈍くなり、筋肉をあまり使わない状態になるため筋肉が萎縮・痩せていきます。

筋肉が萎縮するまでにかかる時間は、個人差もありますがが、5日~14日ぐらいで徐々に効果を感じて頂けます

ボトックス注射

質問者

効果は永久ですか?

松島院長

いいえ、残念ながら1度打てば永久的に持続するわけではありません。

ボトックスの効果は3〜4カ月で弱まっていきます

質問者

効果を長持ちさせる方法はありますか?

松島院長

およそ半年~1年の期間で注入を繰り返し行うと、咬筋が収縮して持続時間が長くなります。

頻度はあくまで目安ですが、エラボトックス注射は続けて打つと戻りにくくなると言う傾向もあるのです。

質問者

じゃあ、頻度や注入量を少なくしたり、エラボトックス注射をお休みしても大丈夫になるということですか?

松島院長

エラボトックス注射をある程度繰り返すと、エラの筋肉である咬筋を使わないことに慣れ、薬が切れてもエラをあまり使わない癖が付き、エラの張りが戻りにくくなってくるのです。

場合によっては半年ではなく1年に1回や、1回の量を調整しながら継続するだけでも、効果の持続が見込めるようになる方もいらっしゃるんですよ。

エラボトックス注射の痛み

質問者

痛みに弱いのですが、エラボトックス注射は痛くないのですか?

松島院長

ボトックス注射の中でも、エラ部分は痛みが少ない部位です。

注入時の痛みは、インフルエンザの予防注射の痛みに似ていますが、それよりも痛みは少ないです。

痛みが心配であれば、麻酔クリームの塗布も可能ですので、お気軽にご相談下さいね。

質問者

ネットで色々検索していたら「術後からしばらく違和感やジンジンする」といった口コミがありました…。

これは本当ですか?

松島院長

個人差もありますが、内出血の程度によっては施術から1週間ほど痛みや違和感を覚える方もいらっしゃいます

ただ痛みと効果には関係がありませんし、また1週間ほどで痛みも気にならなくなりますのでご安心下さい。

エラボトックス注射のダウンタイムや副作用

質問者

エラボトックス注射の施術後に人と会う予定ができてしまうこともあると思うのですが、ダウンタイムはありますか?

松島院長

顔が大きく腫れてしまうようなことはありません。

施術直後は、針穴程度の傷跡ができ、注射ヵ所の血管が傷つくことにより内出血を起こして赤紫になりますが、数日で気にならなくなる程度です。

パウダーファンデーションであれば、注入後すぐにお化粧も可能ですよ。

質問者

ボトックスは危険なんて声もあるみたいですが、失敗やリスクの心配はないのでしょうか?

松島院長

ボトックス注射の注入量が多過ぎると、効きすぎて食べ物が噛みにくくなってしまったり、顔の筋肉のバランスが変化し、普段はあまり使っていない筋肉を動かしたことが原因で、頭痛が出るおそれがあります。

質問者

ドクターによる注入量の見極めが重要ということですね。

松島院長

はい、他にも、皮膚が柔らかいとたるむおそれもあります

特に高齢で皮膚が柔らかい場合は注射後に生じるたるみリスクを考えて注射を行う必要があります。

質問者

クリスティーナクリニックでは、このリスクは大丈夫でしょうか?

松島院長

ご安心ください、当院では、エラボトックス注射のリスクや副作用を考慮したうえで、患者様に適切な量と頻度でのエラボトックス注射を提案しております。

少しでも不安なことがありましたら、お気軽にご相談くださいね。

エラボトックス注射後の注意点

質問者

エラボトックス注射を受けた後に気をつけることはありますか?

松島院長

ボトックスが他の筋肉の方に流れてしまう可能性があるため、注入した部位のマッサージは1週間ほど控えてください

また、ボトックスは熱に弱い物質です、注入後1週間はサウナやホットヨガなど体温が高温になる活動も控えましょう

質問者

わかりました!

レーザーなどの施術はいつから受けられますか?

松島院長

注射の処置後に同じ場所に光・レーザーの機械等の処置を受ける際は、2週間ほど経ってから受けてください。

エラボトックス注射のメリット・デメリット

質問者

エラボトックス注射は、どんなメリットがありますか?

松島院長

メスを使わないプチ整形ですので、通院の必要もなく手軽に受けられる点がエラボトックス注射のメリットかと思います。

注射痕や内出血が術後は少し気になりますが、当日からメイクが可能ですので、施術後から普段通りに過ごせるのも魅力ですね。

質問者

反対に、デメリットについてはどうでしょう?

松島院長

効果が永久に持続するわけではないので、定期的に受ける必要があるという点です。

加えて、誰でもエラボトックス注射を受けられるわけではないのもデメリットの1つです。

質問者

どんな人が受けられないのですか?

松島院長

これは、ボトックス注射全般に共通する注意点になります。

ボトックスは胎児や乳児への安全性が確認されていないため、妊娠中や授乳中、妊娠を希望している方は、治療を受けられません。

また、神経や筋肉に作用する薬剤であるため、重症筋無力症や筋萎縮性側索硬化症など筋肉系や神経系の持病がある方、呼吸器機能に疾患がある方も注意が必要です。

質問者

事前に受けられない条件が当てはまっていないか確認しておくことが必要ですね!

松島院長

今お話した条件以外にも、抗生物質や筋肉弛緩剤などの一部の薬は、併用することで思わぬ副作用に繋がるケースもあります。

服用中のお薬がある方はお知らせ下さいね。

まとめ

質問者

エラボトックス注射の仕組みや効果、気を付けることなど詳しく理解できました。

私もクリスティーナクリニックでエラボトックス注射をお願いしようと思います!

松島院長

ぜひお待ちしております!

価格など、さらに詳しく知りたい方はこちらのページもどうぞご覧ください。

クリスティーナクリニック銀座のアクセス情報について

下記の記事では、クリスティーナクリニック銀座のアクセス情報について紹介しています。
はじめてクリスティーナクリニック銀座に向かう方や検討をされている方で、住所や電話番号といった基本的な情報を探されている方は、下記URLよりご確認ください。

今月のキャンペーン

院長紹介

CHRISTINA CLINIC銀座(クリスティーナクリニック銀座)

URL:https://christina-clinic.com

院長 / 松島桃子

関越病院での研修、多摩南部病院麻酔科、TIクリニック(美容皮膚科)等を経て、2018年4月にCHRISTINA CLINIC銀座の院長に就任。
CHRISTINA CLINIC銀座は特に「小顔」「痩身」「美肌」に力を注いでおり、「切らずに」「すぐに効果が期待できる」クリスティーナクリニック銀座独自の施術は、多くの芸能人やモデルの方に支持されている。2020年3月には、「JeisysAward2019」にて、医療ハイフ年間施術数日本一のクリニックとして表彰されている。

当院のコロナ対策