CHRISTINA COLUMN

コラム

レーザートーニングのメリット・デメリットは?効果やよくある質問を具体的に解説

これまで肝斑(かんぱん)の治療は、主に飲み薬やイオン導入がメインでしたが、効果を実感しにくいのが難点でした。

今回紹介するレーザー治療のひとつである「レーザートーニング」は、肝斑やそばかす、シミへの効果が期待できます。

「レーザートーニングとはどんな施術なの?」「レーザートーニングの効果は?」など、疑問を持っている方も少なくないでしょう。

本記事では、レーザートーニングの特徴や期待できる効果、よくある質問を具体的に解説します。

レーザートーニングを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

レーザートーニングとは

レーザートーニングは主に肝斑やシミへの効果が期待できる施術です。

従来のレーザー機器は、いったんは肝斑の色素を除去することができても、数週間以内に元の肝斑以上の濃さの炎症性色素沈着をきたすことがほとんどでした。

肝斑はもともと過刺激が原因で生じると言われているので、従来のレーザー治療を行った場合、さらに刺激が加わり悪化してしまうわけです。

しかし最新機器の「フォトナQX」という機器が発するレーザー光は、メラニンを低刺激で少しずつ破壊することが可能になりました。

余計な刺激を加えずにシャワーを浴びるようなやさしさでレーザーを照射し、メラニンを少しずつ破壊していきます。

これがレーザートーニング治療と呼ばれています。

また、レーザートーニングのレーザー光は真皮上層まで届きコラーゲンの生成を促すため、肌のハリ感や毛穴の引き締め効果も期待できます。

フォトナQXの特徴

フォトナQXとは、最新型のレーザートーニング機器です。

シミやそばかすなどに加えて、肝斑の治療も期待できます。

従来のレーザー治療は、照射径の中心のエネルギーが強く周辺が弱いことから、先述の理由で肝斑の治療から避けられてきました。

フォトナQXは照射径全体に均一にエネルギーを与えることができ、メラニンを低刺激で少しずつ壊していくことが可能になったため、肝斑の治療として用いられるようになりました。

このような悩みにおすすめ

レーザートーニングは、肝斑やシミ治療だけでなく、以下のようなお悩みを持つ方にもおすすめです。

・そばかす

・くすみ

・毛穴の開き

・ニキビ跡

レーザートーニングは、一般的な機器のようにハンドピースを肌に押し当てずに、肌から少し浮かせた状態で施術を行います。

そのため、湾曲してる目の周りや鼻、顔の凹凸している部分への照射も可能なため、さまざまな肌悩みに対応できる点が魅力です。

レーザートーニングのデメリット

レーザートーニング施術は以下の2つのデメリットが考えられます。

施術前に十分理解しておきましょう。

・赤みや毛嚢炎が生じる

・肌が乾燥する

それぞれを具体的に解説していきます。

赤みや毛嚢炎が生じる

レーザートーニング後は、軽い赤みや毛嚢炎(もうのうえん)が生じる可能性があります。

毛嚢炎とは、レーザー照射によって皮膚のバリア機能が一時的に低下することで、毛穴や小さな傷から細菌が入り込み、腫れや化膿などを引き起こすニキビのような炎症のことです。

毛嚢炎が生じた場合は、一般的に数日で軽快します。

また、赤みは数時間程度で落ち着くことがほとんどです。

万が一、悪化する場合は施術を受けたクリニックにご相談ください。

肌が乾燥する

レーザートーニングで肌に熱が加わると、水分が蒸散するため肌が一時的に乾燥しやすくなります。

施術後は念入りに保湿を行いましょう。

その際、力をかけずに優しく塗布することがポイントです。

また、乾燥を感じたらこまめに保湿剤を塗るように心掛けましょう。

さらに、施術後は肌がデリケートな状態のため、外出時は日焼け止めクリームを塗り紫外線から肌を守りましょう。

帽子やサングラス、日傘も効果的です。

クリニックを選ぶ際は、施術内容に鎮静・保湿パックを含んでいるクリニックがおすすめです。

レーザートーニングのメリット

レーザートーニングのメリットは以下の2つです。

・ダウンタイムがほぼない

・痛みが少ない

それぞれを詳しく見ていきましょう。

ダウンタイムがほぼない

レーザートーニングはダウンタイムがほとんどありません。

赤みは生じやすいですが、一般的に数時間で落ち着きます。

また、外用薬が処方されるので、その日の夜だけ忘れずに塗布しましょう。

毛嚢炎の予防ができます。

メイク・洗顔・入浴は当日から可能です。

レーザー照射後は肌が乾燥するので保湿を心がけましょう。

痛みが少ない

レーザートーニングの施術中は、ゴムで弾かれたようなパチパチとした軽い痛みがありますが、耐えられる程度であるので、通常麻酔は必要ありません。

ただし、痛みの感じ方には個人差があるので、心配な場合はカウンセリング時にご相談ください。

よくある質問

レーザートーニングを検討中の方から多い2つの質問に回答します。

施術を受ける際の参考にしてください。

効果はシミ改善のみか

レーザートーニングはメラニンを少しずつ壊していくことにより、シミの改善が期待できる施術です。

効果実感に照射回数は必要になりますが、肝斑やシミ・そばかすの改善だけではなく肌のトーンアップや毛穴の引き締めなども期待できます。

美肌ケアをしたい方にもおすすめの施術です。

治療後の過ごし方

メイク・洗顔・入浴は当日から可能です。

レーザー照射後は肌が乾燥しやすいため、いつも以上に保湿を心掛けましょう

ごくまれに湿疹ができる場合がありますが、時間の経過とともに落ち着くでしょう。

万が一悪化した場合はクリニックにご相談ください。

レーザートーニングはクリスティーナクリニックがおすすめ

これまで治療が難しいといわれてきた肝斑にも効果が期待できるレーザートーニング。

施術の効果を十分に実感するためには、クリニック選びが重要なポイントです。

そのため、実績や症例豊富なクリスティーナクリニックがおすすめです。

また、レーザートーニング以外にも美肌メニューが豊富なので、肌悩みに合わせて適切な施術を提案できます。

最短で理想の肌に近づくことができるでしょう。

記事監修医プロフィール

CHRISTINA CLINIC銀座(クリスティーナクリニック銀座)

URL:https://christina-clinic.com

院長 / 松島桃子

初期研修終了後、NTT関東病院麻酔科、TIクリニック(美容皮膚科)等を経て、2018年にCHRISTINA CLINIC銀座の院長に就任。2016度よりアラガン施注資格認定医。
CHRISTINA CLINIC銀座は特に「小顔」「痩身」「美肌」に力を注いでおり、「切らずに」「すぐに効果が期待できる」施術をメインに提供しております。2020年3月には、「JeisysAward2019」にて、医療ハイフ年間施術数日本一のクリニックとして表彰されました。

今月のキャンペーン

  • 医療用ウルトラセルハイフ
  • トーニング
  • ヒアルロン酸
  • 脇ボトックス
  • 水光注射
  • ウルトラセルQ+ハイフ(リニア)
  • 美肌注射
  • 次世代脂肪溶解注射 プロストロレーンインナーB
  • ハイフ&ポテンツァ
  • 究極の痩身マシーン 脂肪を撃退!リポセルあて放題!全身スリム化計画
  • ご家族ご友人ご紹介キャンペーン