CHRISTINA COLUMN

コラム

水光注射のデメリットの種類や軽減するポイントを解説!失敗の可能性は低い

水光注射はメスを使わない施術なので、デメリットが少ないことが利点の一つです。発生したとしても一時的なもので、経過とともに改善します。ただしデメリットには個人差があります。美容医療においては施術のメリットだけでなく、デメリットやリスクについての理解を広げることが重要です。本記事では水光注射のデメリットと、軽減するためのポイントについて解説します。

水光注射のデメリット

水光注射は針を刺して行う施術のため、刺した箇所にトラブルが発生する可能性は否定できません。事前にデメリットを知っておくことが大切ですが、肌状態によっては施術を受けられないこともあります

腫れや内出血が目立つ可能性がある

施術は自動注射器の機械によって皮膚を吸引しながら行うため、目の周りや皮膚の薄い箇所に赤みや腫れ、内出血が起こりやすくなります。術後は肌を鎮静させることで徐々に症状は治まりますが、数日〜1週間は目立つ可能性もあるため、人と会う場合はメイクでカバーすると良いでしょう。内出血が出た場合は、当日は患部を冷やすとそれ以上内出血が広がらないためおすすめします。

針を刺す際に痛みが生じる

水光注射の痛みは針の深さの設定によっても異なります。麻酔を使用しない医院も多く、施術中はチクッとした痛みを感じる人が多々見受けられます。非常に細い針を使用しているため、我慢できないほど強く痛む可能性は低いですが、痛みの耐性や肌の状態には個人差があるため、心配な人は麻酔クリームを塗ってもらいましょう。麻酔クリームは人によっては効きにくかったり、肌が弱い人は荒れてしまったりするため、もし心配であれば事前のカウンセリングの際に相談してください。

肌がデコボコになる

水光注射は針で刺した際に美容液を注入し、肌の若返り効果を高めます。ただし注入した薬液が均一に広がらない場合は肌が一時的にデコボコになることがあります。特に皮膚の薄い目元は目立ちやすく、硬めの製剤を使用した場合は一定期間デコボコが治らず、悩みの種になることも考えられます。薬剤が広がらなかったという理由でデコボコとした違和感がある場合は、マッサージすることで薬液が馴染み滑らかになります

定期的に施術を行う必要がある

一度の施術で高い効果が期待できる反面、効果を持続させるには定期的なメンテナンスが必要です。長い人で半年ほどの持続効果がありますが、1ヶ月持たなかった人がいるのも実状です。最初のうちは2〜3週間に一度のペースで4回ほど、その後は数ヶ月ごとに一度受けることで肌のハリや透明感・若々しさを保てます。

継続的に費用がかかる

水光注射の費用はクリニックによって様々ですが、相場は5万円程で、効果を持続させるためにはその都度費用がかかります。効果を実感するために継続して施術を受けることが望ましいですが、金銭的に難しい場合は無理をせず、機会を改めることも大事な選択肢です。

効果を実感できないケースがある

水光注射は乾燥や小じわが気になる人、毛穴の開きやたるみを改善したい人におすすめです。しかし、シワが刻まれてしまっている人や皮膚が伸び切ってしまっている人は効果が実感しにくいこともあり、悩みの種類によっては医師から別の施術法を提案される可能性があります。

状況によっては施術を受けられない

水光注射は妊娠中・授乳中の人、金属アレルギーの人、重度の糖尿病の人、敏感肌の人などは施術を断られます。施術が原因で何かしらの肌トラブルが生じることがあるため、該当する人は施術を受けられません。妊娠中の人は産後、敏感肌の人は肌質が改善すれば受けられるため、時期を改めると良いでしょう。

水光注射のデメリットを軽減するポイント

どんな施術でもデメリットをゼロにすることはできませんが、軽減は可能です。下記で紹介する4つのポイントを押さえ施術に臨みましょう。

機械のメンテナンスは行き届いているか

機械のメンテナンス不足はトラブルの元のため、しっかりと手入れをしている医院を選ぶことが大切です。メンテナンスを怠り、消毒等をせず使いまわしているクリニックで施術を受けたとすると、それが原因で感染症にかかる危険性もあります。感染症にかかってしまうと様々な問題が発生し、修正が非常に難しくなるため、管理体制のしっかりしている清潔なクリニックを選びましょう

カウンセリングを丁寧に行なってくれるか

肌のお悩みに対して最適な治療を行ってもらえるかは重要です。肌の悩みは十人十色で、それぞれの希望や肌の状態に合った施術を行うことが大切です。クリニックで扱っている機械や方針はそれぞれ異なるため、複数の医院で話を聞いてみるのも良いでしょう。カウンセリングを利用することで、クリニックや医師の雰囲気を直に感じられます。丁寧に対応してもらえるかチェックしましょう。

クリニックや医師の評判は良いか

治療実績は医師の技量を測る一つの指標のため、症例数が多く評判や口コミが良いクリニックであれば信頼度が高くおすすめです。水光注射以外にも、他の施術にも慣れているベテラン医師が在籍しているか、症例写真や症例数を掲載しているか、実際に施術を受けた人の口コミがあるかを確認することで、クリニック選びの失敗リスクを下げられます。

ダウンタイム中の過ごしかたを理解しているか

ダウンタイム中の注意事項を守り、正しく過ごすことがデメリットの軽減に繋がります。施術後の数日間はサウナや激しい運動などが制限されるため、予定を調整しましょう。ダウンタイム中は症状を悪化させないために、あらゆる刺激から肌を守る必要があります

水光注射はデメリットがあるが失敗する可能性の低い施術

水光注射の主なデメリットは肌に赤み、腫れ、内出血などの症状が出ることです。ほとんどは一時的なもので、日数の経過によって徐々に目立たなくなります。美容医療では水光注射に限らず効果を十分に引き出すために、技術力の高い医師・看護師の手で施術を受けることが重要です。デメリットを抑える方法も同様に、医療従事者の腕が大きく関与してきます。腕が未熟な場合、当然、効果満足度は下がりますが、メスで切る治療法と比べて重大な問題となる可能性は低いです。とはいえクリニック選びが重要であることに変わりはありません。信頼できる医師・看護師が在籍するクリニックを利用しましょう。

まとめ

水光注射のデメリットの種類と軽減するポイントについて解説しました。美容医療における他の施術と水光注射を比較すると、失敗する可能性が低く、修正対応が可能なケースが多いという特徴があります。継続的に受けることで効果実感度が高まるため、良いクリニックを選択することが最も重要な課題です。クリスティーナクリニックの水光注射では「ベラヴィータ」「Good face injector」の2つの製品を扱っています。どちらもダウンタイム期間が短く、様々な肌トラブルに対して対応できます。もし肌に関する悩みがあれば、お気軽にお問い合わせください。

今月のキャンペーン

  • ヘラス ストロング【10日分】×切らない脂肪吸引リポセル【20分打ち放題】
  • 選べるピーリング3種とレーザートーニング
  • ・ボトックス(小鼻・口角アップ・ガミースマイル・人中・バニーライン・アゴ)・ホワイトイン・アイバックソリューション・サーモン注射手打ち0.5cc
  • 医療脱毛キャンペーン
  • 脂肪溶解注射100ccチケット
  • 医療ハイフキャンペーン

記事監修医プロフィール

CHRISTINA CLINIC銀座(クリスティーナクリニック銀座)

URL:https://christina-clinic.com

院長 / 松島桃子

関越病院での研修、多摩南部病院麻酔科、TIクリニック(美容皮膚科)等を経て、2018年4月にCHRISTINA CLINIC銀座の院長に就任。
CHRISTINA CLINIC銀座は特に「小顔」「痩身」「美肌」に力を注いでおり、「切らずに」「すぐに効果が期待できる」クリスティーナクリニック銀座独自の施術は、多くの芸能人やモデルの方に支持されている。2020年3月には、「JeisysAward2019」にて、医療ハイフ年間施術数日本一のクリニックとして表彰されている。